1. まとめトップ

お金持ちになる方法、これだけ実践【お金持ちの鉄則】

誰でも貧乏よりはお金持ちになりたいと思っているはずです。その方法はウォーレン・バフェットのようなお金持ちから学ぶことですよね。

更新日: 2016年11月24日

48 お気に入り 24178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

● 行動を起こす

自信がある人は何事にも「できる、できる」と考えます。(金持ち)
自信がない人は何事にも「無理、無理」と考えます。(貧乏人)

自信がある人は必然的に「自分の実力を試してみたい」と考えるので、上へ上へと行こうとします。
自信がない人は必然的に「いまのままでいい」と考え、現状維持を望みます。

自信がある人は「話せなくてもなんとかなるだろ」でアメリカに行きます。
自信がない人は「英語が話せないのでアメリカに行くとか無理」となります。

どちらも英語が話せない点で同じですが、自信の有無によって行動に違いが出ます。
結果、自信がある人はチャンスの幅を広げ、自信がない人はチャンスの幅が制限されます。

多くの人ができないことに踏み込める行動力が、お金持ちの源泉

● チャンスを逃さない

お金持ちになれる人は「チャンス」が見える。
お金に縁のない人には「障害」が見える。

お金持ちになれる人は「成長の可能性」がわかる。
お金に縁のない人には「失敗の可能性」がわかる。

人によってこれはチャンスだ!と考える人と、これはただのトラブルだと考える人と分かれます。

目の前で起こっていることは全く同じ事なのにこうも捉え方が変わってくるのは不思議なものですが、お金持ちになる人はチャンスと捉えるようなポジティブシンキングを持っています。

一方で、お金持ちになれない人の考え方の基本は、
「上手くいかなかったらどうしよう」、「うまくいくはずがない」
となっています。

最初からこのように諦めてしまっていては
誰がどう見てもチャンスだと思えるようなことでも、ただのトラブルとしてしか認識することができないでしょう。

● 我慢する

世界一の大金持ちである投資家「ウォーレン・バフェット」が、買った株の利益確定をせずに何十年も持ち続けることで、複利効果と節税効果を最大化しているのは有名な話です。

株を買って値上がりしても、利益確定をしなければ欲しいものは買えません。
しかし、忍耐強く持ち続けることは複利と節税においてもっとも合理的な行動となります。(利益確定するまで税金は払わなくて良い)

一方で、貧乏人は目先の利益を追い求めます。
例えば車が欲しいという欲求を我慢できず、手元にお金がなくてもローンを組んで車を買います。

我慢できない人には自制心がないのが問題です。例えば、すぐカッとなってしまって後先考えずに突然仕事をやめるとか。自制心がないと本能で動いてしまうので、規律を守らず犯罪を犯してしまうなど、社会的失敗に繋がる恐れがあります。

我慢強さはあなたに富をもたらし、我慢の足りなさはあなたから富を奪います。

● 稼いだお金を無駄に使わない

家にお金をかけない

金持ちといえば高級住宅街の豪邸に住んでいるイメージがありますが、そんなことはありません。金持ちは大きい家を買うと経費が多くかかることを知っています。豪邸に住んでいる金持ちは一握りです。

車にお金をかけない

金持ちといえば高級車を乗り回すようなイメージがありますが、著書「となりの億万長者」によると、実際は37%の金持ちが中古車を買うそうです。また、最も高いクルマの平均価格は300万円以下というデータが出ています。

着る物にお金をかけない

金持ちはブランド品を身にまとっているようなイメージですが、実際は一般人と何ら変わらない物を身にまとっています。著書「となりの億万長者」によると、億万長者が買った一番高いスーツは、一着平均4万円程度で、時計も2万円程度、靴も1.4万円程度の物で済ませています。

ウォーレン・バフェットが昔買った郊外の家に住み、古いフォルクスワーゲンに乗り続けているのは有名な話です。

いつも同じ服装で有名な人には、黒のタートルネックにジーンズのスティーブ・ジョブス、FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグは、いつも同じグレーのTシャツを身につけています。

本当のお金持ちの共通点として指摘するのが、「自分のことを隠したがる」ということ。どんなに金持ちであっても、それとわかるような素振りを決して見せない。だからパテック・フィリップやオーデマ・ピゲのような何百万円、何千万円もするような高級時計を持っていても、腕にはめて店に来ることはない。

「子どもの頃から資産を守ることを使命として教え込まれていて、自分がお金持ちであることを誇示すれば、いろんな人が群がってきてお金を無心されるだけだとわかっているのです。高級時計をコレクションとして持っていても、自宅で一人眺めながら楽しむだけ。タクシーに乗っても、自分の素性がわかるようなことは一切話しません」

1 2