1. まとめトップ

【海外】電線に掛かったスニーカーが示す意外と危険な意味とは!?

ニューヨークなどでよく見かける電線に引っ掛かったスニーカー。なぜだろうと写真なんか取っていると意外と危険な目にあってしまうかも !?

更新日: 2014年10月13日

4 お気に入り 90677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

teratera6さん

アメリカのギャングスタ映画などでよく見かける「電線に引っかかっているスニーカー」。映画の世界だけではなく、アメリカの各都市にはこの光景が今でも見かけることができる。

電線や木、フェンスなどに引っかかっているシューズで、英語で「Shoe Tossing(シュー・トッシング)」と呼ばれます。

ニューヨークだけでなく、ロスやヨーロッパ、オーストラリアなど世界各地で行われている行為だそうです

あんな高いところに、一体どうやってクツを放り投げたのか?と非常に疑問に思うわけですが、どうやら、この「電線に引っかかっているスニーカー」には様々な「謎」が秘められている

1. 子どものイタズラ

2. ヘロインが手に入る麻薬密売所のサイン

3. ギャングの縄張り

4. この場所で人が死んだというサイン

など諸説あるそうですが、誰がやっているのか、何のためなのか、実際の真相は謎のまま、、、

低所得者エリアによく見かけることから、ギャング達の縄張りを表しているという説が強い

この謎の行為を追ったドキュメンタリーも存在している。

この「電線に引っかかっているスニーカー」について、オーストラリアの映画プロダクションが「The Mystery of Flying Kicks」と題するショートドキュメンタリー映画を作製している

特に意味がないという説も、、、

麻薬取引の場所を表すとかマフィアだかギャングだかのテリトリーを示すとかいわれてたけどそれは都市伝説で、実際は特に意味がないのよね~

ただ実際にギャングやドラッグのディーラーが関わっている説もあるので、気軽に写真なんか取っているととんでもない目に会う可能性もあるので、要注意ですね、、、

Shoe Tossing(シュー・トッシング)のある風景

1