1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

bookstarさん

デンデラとは?

佐藤友哉による日本の小説及び、それを原作とする2011年の映画。

老人を山に捨てる「姥(うば)捨山伝説」を題材に、死んだと思われていたはずの老女50人が、さまざまな思いを抱えながら、過酷な自然状況のなかで懸命に生き延びていく姿を描く

「姥捨て山に捨てられた婆さん達が生き残って共同体を作る

2011年の映画が、なぜに今twitterでブームに?!

なにこれ、超見たい。>『デンデラ』 「バトルババアムービー」! かっこよすぎてチビりそう!

デンデラの眼帯おばあちゃんかっこよすぎてかわいい矛盾

今更デンデラ再評価とか一年前に何してたんだよって感じだな。

デンデラ、姥捨制度作った男どもに復讐するために武芸の訓練してるんですが、このばばあたち… 頭かち割るとか言ってる

とにかく、ババア達の復讐と、最後の生き様がかっこよすぎる!!

老婆が50人も出てくるワケです。しかも、雪の中を必死にサバイブするだけではなく、牧歌的に狂気な戦闘訓練をおこなったり、熊に襲撃されて惨たらしく殺されたりするという…

極限状態の中で、生への執着を強くしていく主人公カユ(浅丘ルリ子)

デンデラを作った御年100歳の三ツ屋メイ(草笛光子)。30年前に捨てられ、ひとりで生き延び続けた

「掟を破ったせいで、家族を殺され、片目を潰され、慰み者にされた」
というハードコアな過去を持つ平和主義者のマサリ(倍賞美津子)、

恐ろしすぎるが、かっこよすぎる!!w

そしてカユの友人である黒井クラ(赤座美代子)
自らをヒグマのエサにし、危機を打開しようとする!!

自分たちを捨てた、村のうば捨て制度に、復讐近い、戦闘訓練を始めるババア達!!

しかし・・・

巨大かつ、凶暴なヒグマに襲われ、
戦闘開始!!

浅丘ルリ子さんが熊の片目を潰すシーンを観られるのは「デンデラ」だけ

デンデラ予告編見たらババアのモンスターハンター(雪山)って感じだった

1 2