1. まとめトップ

【神社ミッション】賽銭箱に一万円札を入れる人が急増中?

景気が良くなっているとは聞きますが…本当なのでしょうか?ただ、最近やけにさい銭箱へ高額紙幣(1万円以上)を入れると言う話を聞きます。どうやら、心理カウンセラー「心屋仁之助」氏が書籍・ブログなどで良く言っており、執着を解くための『神社ミッション』なるものらしい。『損してもいい』

更新日: 2016年04月14日

17 お気に入り 113796 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shin7717さん

心屋仁之助さんのブログに紹介されちゃいました!!

出典ameblo.jp

心理カウンセラーで、テレビ・書籍等でも有名になっている。「ナイナイアンサー」で有名人を相手に心のカウンセリングを良くやっていますね。

そもそもお賽銭って?

お賽銭の「賽」という字を使った、「報賽」「奉賽」という言葉が神社にはあります。これは、「神様からいただいた幸福に感謝する」という意味です。

つまり、お賽銭は「お願いを聞いてほしいから供える」祈り賃なのではなく、「神様からいただいた幸福に感謝をする」ということの意思表示なのです!

おさい銭っていくら入れますか?

神社参りの時に使うお賽銭の平均額はだいたい150円程度です。
(ウェザーニュースの2011年 年始アンケート調査結果 13,782人(男性41%・女性59%)へのアンケート)

男性と女性では、お賽銭の金額は男性の方がやや高くなっています。

男性が168.2円
女性が135.8円
平均では149.3円

<良い意味>
5円:ご縁がありますように
10円(5円2枚):重ね重ねご縁がありますように
15円(5円3枚):十分ご縁がありますように
20円(5円4枚):よいご縁がありますように
21円:割り切れない数字なので、恋愛継続・夫婦円満願に良いとされています。31円でもいいそうです。
25円(5円5枚):二重にご縁がありますように
30円(5円6枚):安定と調和のとれたご縁がありますように(「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があるそうです。)
35円(5円7枚):再三ご縁がありますように
40円(5円8枚):末広にご縁がありますように
45円(5円9枚):始終ご縁がありますように
50円(5円10枚):五重の縁がありますように
55円(5円11枚):いつでもご縁がありますように・午後に投げるとご縁がある

105円(5円21枚):十分にご縁がありますように
115円(5円23枚):いいご縁がありますように
125円(5円25枚):十二分に御縁がありますように
485円(5円97枚):四方八方からご縁がありますように
1万円:1万円は「円万」ということから、「円満に通ず」という意味になります

<悪い意味>

65円(5円13枚):ろくなご縁がない
75円(5円15枚):なんのご縁もない
85円(5円17枚):やっぱりご縁がない
95円(5円19枚):これでもご縁がない
500円:これ以上効果(硬貨)がない

ところで・・・「神社ミッション」とは…

簡単に言うと、

「神社のさい銭箱に、1万円入れましょう」

というものです。

しかも、

「ご利益のありそうなところ」ではなく

「人気(ひとけ)のない、さびれた神社」

でやりましょう、ということですね(^v^)

心屋仁之助さんがブログで紹介していた神社ミッションを実践してみました。 何というか、失うかもという恐れより、入った瞬間にすがすがしさを感じました。見えない力に感謝! pic.twitter.com/l0e0ojrNSY

お金・ものに対する「執着」を手放すためらしい

結果的には

「お金の執着を手放す」 ことであったり
「損する」 ことであったり
「お金を世間に回す」
「先に出す」

見返りを求めないことが大切

お賽銭は「お布施(おふせ)」の一種です。
お布施は仏教で「慈悲の心をもって、他人に財物などを施す」行為だと言われています。

つまり、「自分にとって必要なもの」を、慈悲の心をもって「見返りを求めず与える」ことが大切だという考えです。

自分にとって痛い金額(1万円とか10万円)を「見返りを求めない心」で賽銭として使うことに意味があるのです。(もちろんあくまで一つの考え方です)

そして、今回のミッションは
「名前を出さない奉納」なのでしょう。

神社に行くと、
お酒や
建物や
柄杓や

いろんなものに「奉納」と
名前が書いてあります。

あれの変型したもの。


目に見えない力
目に見えない他力に

感謝。

だけど・・・お札はもったいない??

1 2 3