出典 blogs.c.yimg.jp

ひめゆりの塔

沖縄戦末期に沖縄陸軍病院第三外科が置かれた壕の跡に立つ慰霊碑です。戦後の1946年4月7日に除幕されました。

手前の小さな塔が『ひめゆりの塔』です。奥に見えているのは慰霊碑(納骨堂)、塔と慰霊碑の間に口を空けているのが第三外科壕です。

この情報が含まれているまとめはこちら

沖縄戦(太平洋戦争末期)の写真。ひめゆり学徒隊の悲劇

沖縄戦は、太平洋戦争の末期に日本に米軍が上陸して行われた激しい戦闘でした。琉球王国の象徴であった国宝・首里城は、跡形も無く破壊され、沖縄の県民を含む数十万人が犠牲となりました。

このまとめを見る