出典 kaminews.blog.so-net.ne.jp

室井滋(恩田レイ子)

「楽しいこともつらいことも人生の滋養に」と小説家志望の父から命名され[2]、一人っ子として育つ[3]。富山県立魚津高等学校卒業。早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属。長崎俊一、大森一樹、山川直人、山本政志、石井聰亙、阪本順治、松岡錠司、緒方明などとともに自主映画のフィールドで活躍。「自主映画の女王」と呼ばれる。
大学在学中の1981年、村上春樹原作の映画『風の歌を聴け』で劇場映画デビュー。大学は7年で中退。
1988年、「恩田三姉妹」として小林聡美、もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者となる。

放送初回の年齢は30歳。

この情報が含まれているまとめはこちら

【懐かしい】今見ても新しい!ドラマ『やっぱり猫が好き』

1988年深夜に放送された『やっぱり猫が好き』。いまなお褪せることのないその魅力について。

このまとめを見る