1. まとめトップ

香港デモ「雨傘革命」の美少女リーダーの周庭(アグネス・チョウ)が可愛い!現代「ジャンヌ・ダルク」

香港デモの美少女リーダーの周庭(アグネス・チョウ)が現代「ジャンヌ・ダルク」と人気になっています。

更新日: 2019年10月05日

6 お気に入り 82397 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

「政府は少しも譲歩しません。わたしたちは失望しています」と話す女性は、民主派グループのリーダーの1人で、「学民の女神」と呼ばれている17歳の女子大生・周庭さん。

◆香港の民主化運動をけん引

名前:周庭(アグネス・チョウ)
生年月日:1996年12月3日
年齢:22歳(2019年6月現在)
出身地:香港
出身校:香港侵会大学(在学中)
経歴:2014年学生運動団体「学民思潮」の幹部、2014年香港の大規模デモ『雨傘運動』のリーダー。

警察が発射した催涙弾をデモ隊が雨傘で防いだことから、「雨傘革命」とも呼ばれている。

周 庭(アグネス・チョウ、1996年12月3日 - )は、香港の社会運動家、香港衆志常務委員、大学生。香港で「学民の女神」と呼ばれる。

民主化を求めて大規模なデモが巻き起こっている香港。デモ活動の中心は、大学生や高校生などの若い世代が担っている

◆女神として大人気

活動を率いるリーダーの一人に「学民の女神」と呼ばれる女子大生がいる。拡声器やマイクを握り訴える彼女は、今月から大学生になったばかりの17歳。

1996年香港生まれ。自らを「オタク」であるとしており、アニメを見て覚えた日本語での会話もこなす他、Twitterにて日本語での情報発信も行っている。

◆香港衆志(デモシスト)のリーダー

17歳にして群集の前で演説を行っているそうです。

2012年に学民思潮のメンバーとして反国民教育運動に参加。2014年の「雨傘運動」に学民思潮のスポークスパーソンとして参加した。

2016年に羅冠聡、黄之鋒と共に、香港衆志(デモシスト)を創設して初代副事務局長となった。

◆2014年8月から民主化運動を開始

次世代の端末を用いて、いろいろな広報を行っているという事です。

2014年8月31日、中国全人代常務委員会が2017年の行政長官選挙で民主派の立候補を制限する方針を決定した。これに反対する戴耀廷は10月1日を目途に中環を占拠し抗議デモを行うと宣言し、同調した周ら学民思潮は9月1日に、全人代常務委員会副秘書長の李飛が宿泊する湾仔のホテルまでデモ行進

2016年、周庭は羅冠聡、黄之鋒と共に、香港の自決権を掲げる香港衆志(デモシスト)という政党を創設して初代副事務局長を務めた。主席の羅冠聰を擁立して、立法会選挙への立候補を目指した。

香港民主化運動家のアグネスチョウさん可愛いから普通に香港民主化しろ。 pic.twitter.com/Dd981MiPe3

◆日本語でツィート

只今、香港政府が緊急法を引用して覆面禁止法を成立させました。こんなバカバカしい法律を実施したら、市民の怒りは上がるしかないです。 でも、一番大きな問題点は緊急法です。緊急法を通して、政府は立法会を回避して直接法律成立することができます。いわゆる、政府のやりたい放題になります→

緊急法を利用し、覆面禁止法を成立させたことは、香港の終わりの始まりだと思います。 香港政府は今日マスクを禁止できれば、明日は夜間外出を禁止でき、明後日はインターネットも禁止できます。とにかく、政府の権力は無限大となり、市民の権利と自由が全部奪われます。

9月29日に、あるインドネシア人記者がデモ現場を取材している際、警察のゴム弾に右目を撃たれました。そして先日「永久失明」になったことが確認されました。この記者はこれから警察局長と銃を撃った警官に対し、刑事告訴及び民事訴訟を提出します。 写真:Ming Pao pic.twitter.com/wab7FpgPrR

昨日、ある公立病院の医師がデモ現場で、デモに参加した負傷者にボランティア救助を行ってる時に逮捕されました。 デモ参加者に恣意的に暴力を使うだけではなく、香港警察は人道援助を阻止するのです。 この運動が始まって以来、警察は常に負傷者を援助しようとした救助隊員を強引に阻止します。

◆女神の写真

路上でマイクを取る事もあるそうです。

代表者である男性リーダーと一緒に活動を行っています。

ビラを配るなどして、支持・支援を訴えています。

1 2