1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

カラーボックス(3段ラック・本棚)で作るドールハウスがラブリーすぎる♡

子供が喜ぶけれど大きいドールハウスは邪魔になってしまうもの。でもカラーボックスを使って作れば大きくなって遊ばなくなったら本来の本棚として使えるので便利。マスキングテープだけでも可愛くなっちゃうので作ってみては??

更新日: 2015年09月02日

TONOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1005 お気に入り 287020 view
お気に入り追加

ドールハウスとは?

十二分の一の大きさに作られた模型の家のこと。 ミニチュアハウスとも呼ばれる。 建物や部屋、家具、調度品などを含めた生活空間を表現する。

19世紀ヨーロッパの中流クラスの市民層で、女の子に与えられた玩具の代表的なもの。

IKEAのExpeditを使って作る

IKEAのExpeditを使って作ったドールハウス。屋根の部分はマスキングテープか何かで作ると簡単で取り外せるのでいいですね。

ラッピングペーパーを後ろに貼り段ボールで作ったドアを置く。

カーペットは毛糸をくるくる巻いて作る。

人形を並べればかわいらしいお部屋の完成‼

IKEAのKALLAXを使う

IKEAのKALLAXを利用しています。バックは壁紙で家風にアレンジ。部屋の中の壁紙を変えてあげると本当の家のようになります。

マスキングテープで屋根と木を作っています。本棚として使っていますがドールハウスにもなりますね。

インテリアになっちゃうくらい素敵なドールハウス。

シンプルにそのまま使う

買ってきた本棚に人形を置いてドールハウスにしています。子供の背の高さと3段の本棚はサイズが合うのでピッタリ。ドールハウスを買うより安上がり。

壁紙を貼る

壁紙を貼り仕切りを足しています。

屋根も付けちゃう♡

ちょっと大がかりですが、本棚に屋根と仕切りをつけます。

色を塗れば素敵なドールハウスに早変わり。

ポンポンを付けてレトロ風に

段ボールで仕切りを付けて、ポンポンを付ける。

ちなみに家具は絵を貼っています。

カーテンもすべて手作り。参考にしたいですね。

電気を付けちゃう♡

こちらはシンプルに使っていいるのかと思いきや、上を見てみてください。電気がついています。

スイッチを入れればまるで本当の家のようです。

番外編

1 2





TONOさん

このまとめに参加する