1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

壮絶ないじめが原因?韓国人男性の「兵役逃れ」が深刻...。

韓国人男性の「兵役逃れ」が増えているという。その原因の一つに内部のいじめや虐待があるという。その内容や巧妙化している兵役逃れの方法、韓国芸能人の兵役逃れなどをまとめてみました。

更新日: 2014年10月14日

72 お気に入り 639584 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

韓国人男性の兵役は義務

韓国人の男性は19歳~29歳の間に約2年間の兵役につく義務があります。韓国は未だに北朝鮮と休戦状態なのでいつ戦争が始まるかわからない状態のためです。

一般的な韓国人の男性は、大学を休学 → 軍隊 → 大学に復学というパターンが多く、浪人をしたり、海外留学などを考慮に入れると、社会に出るのは26歳ぐらいです。

微兵制の場合は殆どが陸軍に所属されるようだ。海軍や空軍は希望するだけでは入ることができないよう。一般的には入隊して最初の1カ月間は基礎訓練期間で、社会との関係を一切遮断、食事や入浴時間も制限されて期間を終えてると部隊に配属される。

免除される場合もある。

過去に大きな病気や事故に合い現役入隊不可と判断された場合(公益勤務の場合も)、メダリストやサッカーワールドカップでベスト16以上の成績を収める、大手企業(サムスンなど)に勤めていて、韓国に大きく貢献した人物。また規定身長体重を越える場合。

さらに理工系で将来研究員になったり、大手企業に就職などをすることが期待されるなど、学業が特に優秀な場合などが免除される。また、国外での永住権取得者も免除の対象となる。

規定によると、子供が2人いて両親を扶養する必要がある場合は兵役が免除される。また、全身の3分の1に入れ墨がある人は入隊が禁止されている。

兵務庁では、凶悪犯罪を犯して刑務所に収監されたことがある人は、兵役中に犯罪を起こすケースが多いことから、兵役を免除することにしたということです。

「兵役逃れ」が増えている

韓国の国会議員が10日に提出した資料によると、韓国ではこの5年間で兵役逃れを試みた178人を調査、処分した。2010年が66人で最も多く、12年には19人に減ったが、今年は8月末現在ですでに30人となっている。

セヌリ党の鄭美京議員は、兵務庁の国政監査で、「2010年から5年間、兵役逃れを図った事例が178件摘発された」とし「最近は摘発件数が増え、その手法も深刻になっている」と指摘した。

芸能人・スポーツ選手の兵役逃れも問題に

出典ameblo.jp

歌手のPSYも不正な手段で兵役免除の証明書を手に入れ、その結果韓国の関連部門の調査で不正が明るみになり、紆余曲折を経た末に最終的には兵役に就かざるを得なかった。

俳優のペ・ヨンジュンは視力低下、歌手の徐泰志は胃病を理由に兵役を免除されている。ユ・スンジュンは米国居住権を選んだことから兵役に行かずに世間を騒然とさせ、韓国政府は入国を禁じ、国民から「裏切り者」のレッテルを貼られた。

兵役逃れは芸能界やスポーツ界にも浸透していて、2004年の夏から秋にかけて、史上最大ともいえる規模の兵役逃れスキャンダルが発生しました。徴兵検査で採取した尿に薬を混入することで、腎臓が悪く兵役に行けないと診断されるようにするものです。

この時には、51人のプロ野球選手が兵役逃れの容疑で出場停止になっています。

最近では兵役逃れの手法も巧妙に

兵務庁の資料によると、13年には、軍隊に行かずに済むよう押切機で指を切断したケースがあった。また、兵役免除を受けるため、二つの睾丸(こうがん)と前立腺を摘出する手術を受けたケースもあった。

入れ墨で兵役を逃れようとするケースも減っていない。入れ墨がある場合は4級の補充役判定が可能ということを知り、手足や上体、もしくは体全体に故意に入れ墨を施して摘発された人の数は、12年が3人、13年が10人、今年は12人に上った。

2014年7月、ある韓国人の男が兵役を逃れるために全身に入れ墨を施したというニュースが報じられた。2006年に入隊した当時20代の男は、病気で自宅療養中に、兵役を逃れるために両腕と胸、足に入れ墨を入れた。しかし、この程度では兵役を逃れることができないことを知ると、さらに顔などを除く全身に入れ墨を施し、2013年には兵役逃れに成功したという。

これを不審に思った兵務庁特別警察が捜査に乗り出し、結局、懲役1年、執行猶予2年、ボランティア活動120時間という処分が下された。

入隊前の身体検査でわざと異常が出るように工作し、少しでも兵役の等級を下げ、兵役内容を軽くしようとする者もいる。

逃れようとする原因は何なのか?

韓国で兵役逃れが一般化している原因の1つには、軍内部での上司による乱暴な行為が深刻化していることがある。

1 2