1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

「ぼっち」の人は「ぼっち充」を目指せばいい…現状でベストを目指す

「ぼっち」が社会問題になりましたが、「ぼっち」だから即悪い…というわけではありません。無理して他人に合わせなくても、別にひとりで行動したっていいのです。「ぼっち」な人は、「ぼっち充」を目指せばいいのではないでしょうか?

更新日: 2014年11月08日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
432 お気に入り 182057 view
お気に入り追加

▼ すこし前に、「 ぼっち 」が問題になったが… ※孤立化の問題

彼らは友達がいないか、または非常に少なく、その関係も希薄で・

「ぼっち」という言葉なんですけれども、これはひとりぼっちの略

「ぼっち」って?入学早々学食で「おひとりさまランチ」移動中も「ひとりでぽつん…」これが大学新入生が最も恐れる「ぼっち」状態

ひとりぼっちを指す『ぼっち』、ひとりで食事をしているところを見られたくないと、トイレの個室で食事する「便所飯」などの学生の

ランチをひとりで学食で食べただけで「 オレ、ぼっちかも? 」…

入学式を経ても、LINE交換できない大学生、たった2日ランチをひとりで学食で食べただけで「 俺、ぼっちかも? 」と、うまれてはじめての孤独感を味わった大学1年生が多いのだという。。。。

▼ あいつは「ぼっちだね」と見られることがこわい… ※周囲の目が

皆、ぼっちになりたくないというよりは、ぼっちと思われるのが嫌

「ぼっち」で過ごしてしまうことへの嫌悪はもとより、授業選択で友達と関心が異なり、教室で「ぼっち」になってしまうことへの不安

▼ 背景には、「リア充」同調圧力がある ※「リア充」>>>ぼっち

みんな「 リア充 」にならなきゃいけないという同調圧力が強いということを描いているので、「 リア充 」が自慢をするわけです

「ぼっち」論外!「リア充」にならなきゃいけないという同調圧力が

そこで苦しんでしまっている若者も非常に多い現状なので、どれだけ若い人達に「ぼっち充」を増やしてあげるかということが我々大人

▼ 本来、「ひとりの時間をもつこと」はとても大切なこと ※必要…

ひとりで過ごす時間は貴重な時間。自分自身と向き合い、対話(コミュニケーションをとる)する時間でもある。

いわば、「 一人である 」という時間を持つことは、人間として生きてゆく上で、「 最も重要な時間のひとつ 」であるはずなのだ

社会にでれば、一人でいられないような人間、一人で仕事を貫徹することができない人間等は相手にされないし少なくとも出世はしない

▼ 別にひとりで行動したって問題ない ※同調圧力に怯える方が問題

ひとりで行動したって問題ないでしょ…気にするメンタルの方が問題…

ぼっちと付けるからなんだか寂しい印象になってしまうだけで、パートナーがいたって、1人で行動すること、少なくないですものねぇ

「リア充」同調圧力に怯えないタイプの人も出てきた… ※ぼっち充

この「 リア充 」同調圧力に怯えない、ひとりぼっち状態を楽しむ若者達が実は、一人行動っていうのをもう既に行っているんですね

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49