1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

キャッチフレーズの作り方…人を動かすキャッチコピーの作り方とは

人の心を動かしてこそ、優れた「キャッチコピー」だと言えるかもしれません。では、その優れたキャッチコピーを作るためには、どのようにすればいいのでしょうか?人を動かすキャッチコピーの作り方をまとめます。

更新日: 2014年11月01日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
751 お気に入り 188043 view
お気に入り追加

▼ 人の心を動かしてこそ、優れた「キャッチコピー」だと言えるかも

あなたの作ったチラシによって、人の心を動かす効果があるのです

目の前に居ない顧客と、コミュニケーションを取ることができます

「 キャッチコピー 」とは、人にハッとさせることで「その人の心を動かすもの」なんじゃないのかなー、と個人的には思っています

商品を説明しているだけのキャッチコピーは凡庸なそれだと言える…

商品やキャッチコピーを読んだ人にとって何の影響を与えることもなく、ただ商品を説明しているだけのキャッチコピーということに・

▼ ターゲットを選定し、彼らの悩みを探る ※悩み⇒解決という構成

ターゲット選定をしておかないと、誰に伝えたいのかが不明確になり、結果的に誰からも「見向き」もされないキャッチコピーとなって

もし自分がそのターゲット人物だったらということを想像し、どのようなものに関心があり普段どのような物事に問題を感じているのか

▼ 「 解決 」を提示する ※問題解決後の「イメージ」を提示する

「描写」しただけの言葉よりも、なにかしらの「問題の解決」になる言葉の方が、「 人の心を動かしやすい 」のは間違いありません

要は、どのような問題を解決し、どのような良いことが待っているのかこのことを明確にイメージできる言葉を設定する必要があります

ここで注意しなければならないのが、商品の「ベネフィット」とは商品の特徴やメリットとは違います。ベネフィットとは、ターゲットがその商品(サービス)を使うことで得られる「 未来像 」のこと

▼ 自分と関係がある…と思わせる ※「あるある」と思わせるコピー

「なんとなく、80まで生きると思っていませんか」(生命保険)

「 ちょっと思っていること 」を言葉にすることで、共感を呼ぶ

ターゲットの「共感」を得ることができれば、上出来 ※そうだよね

恋の最中にいる人にとっては、さらに気分を盛り上げてくれる「起爆剤」にもなります。自分だけじゃなくて、みんなも同じ思いをしているんだ、という「 共感 」も生まれやすいキャッチコピーです・

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49