また、きれいな線を描けるかどうかも重要です。1つの線だけでも、プロか素人はすぐにわかります。ある漫画家さんは、アシスタント先に行った時に時間がある時はひたすら線を描きまくっていたそうです。

線を練習する時のポイントとして、線を描く際の手の力の入れ方に気をつけましょう。
特に漫画の線の場合、最初は力を抜き、その後力を入れて、最後はまた力を抜いていく
という風にします。入りと抜きの線といいますが、このメリハリができていると、きれいな線が描けるし、描きやすいと思います。

上手い線と下手な線の違いは、線がすっきりと描けているかどうかです。素人の線は、まるでミミズが歩いているようなふらふらした線になりがちです。これは自分の線に自信がないので、
はっきりした線にならないのです。練習していくうちに自信が持て、線もすっきり描ける描けるようになります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いつまでたっても絵が上手くならない人必見!基本の絵の練習法

絵はたくさん描いているけど、なかなか上手くならないという人は多いと思います。確かにたくさん絵を描くのは大切ですが、もしかしたらあなたの絵の練習方法が間違っているのかもしれません。今回は確実に絵が上手くなる絵の練習法を紹介したいと思います。

このまとめを見る