1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

●明治天皇はすり替えられたが、孝明天皇が暗殺されておらず、そのままウラ天皇になった!?

明治天皇に成り代わった大室寅之祐の子孫である。事前の調査で、その人物が町内に住んでいることは、わかっていた。だが、町内の関係者から「会うのは難しいだろう」とも言われていた。
一部の歴史マニア(あるいは陰謀マニア)が、どこでどう調べたのか、大室の子孫の自宅を訪ねることが頻発し、それが嫌ですっかり当人は引きこもってしまったというのだ。大室家と親しい町民の一人が打ち明けた。「本人はもう、天皇が云々といった話には付き合いたくないと口を閉ざしています」

ことに皇太子陸仁親王の実母中山慶子の実父として、次代天皇の外祖父になる立場にあった中山忠能が、皇太子の外孫陸仁親王を「堀川政略」に沿って「寄兵隊天皇」と交替させ、堀川御所に隠しました。
 孝明暗殺説は「堀川政略」の企画者岩倉具視が「孝明の偽装崩御」が暴露されそうになったときに備えたもので、煙幕として毒殺説と刺殺説の両説をこしらえて同時に流布するという奇手を用いたところ、まんまと成功したものです。
 中山忠能が遺した「中山忠能日記」によると慶応3年7月19日条に、「寄兵隊天皇が、来年の正月上旬ないし中旬のうちに元服と決定と、仰せられました」と書かれています。日記が残っているということが、動かしがたい証拠です。
 1866年12月25日を以て偽装崩御された孝明天皇は、そのまま堀川御所へ入りました。
 ともかく、睦仁親王と入れ替わった寄兵隊士大室寅之祐は、明けて1867年1月7日に践そして明治天皇となりますが、そのかなり前から堀川御所に入ってウラ天皇となりました。
●近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた長州の大陰謀で成立した!?

「崩御を装った孝明天皇と皇太子・睦仁親王が、京都堀川通り六条の本圀寺内に秘密造営された堀川御所に隠れ、長州藩奇兵隊士・大室寅之祐が睦仁親王と交替して明治天皇となった」ということです。これに付随する戦略系がいくつかあり、将軍・家茂は大坂城での薨去を装って関西の寺院に隠れたこと、幕府の陸軍奉行・小栗忠順が東山道鎮撫総督の随行・原保三郎に斬殺されたと装い、利根川の舟運を利用して江戸湾に下り、沖に停泊していた米国船で米国に亡命した

1