1. まとめトップ

台風19号以上に嵐を呼んだサーファーのお言葉~無謀な挑戦~

国民の税金と労力を有効に活用しましょう。あなたが居なくなったとき悲しむのは誰ですか?

更新日: 2014年10月15日

0 お気に入り 2691 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

連休中に大雨や暴風をもたらした。海も大荒れとなった。

そこでの【無謀サーファー】の言動が注目を集めている

初心者は難しいけどオー俺たちずっとやってるしいー

うねりの向きとか風とか、ちゃんと調べてはいってますよおー

まだ風はないのでこの波はサーファーはすごく嬉しいっすよ~

因みにそこは台風18号の時に大学生のサーファーが行方不明になっている。
ほかにも50~60人のサーファーがうようよ。。。。

これに対し、ネットでの意見

なーにがいい波だよW

行方不明になっても捜索する必要なし

捜索費は自費でお願いします

探す必要なくね???

死んでも同情できないなWWW

では、海で遭難した時には捜索費用はどのくらいかかるのか??

海難はどんな場合も無料。それは捜索や救助は、海上保安庁や海上自衛隊といった国の機関がするから。

山では山岳救助隊や民間ヘリコプターなどの費用が発生するとのこと。

しかーーーーーし!!

これらの捜索費は国民の税金から捻出されていますから。

【国民の税金】

税金がこんな無謀な方々に使われてしまうなんて。。。

あなたは納得できますか???

サーフィンをやるな、とは言いませんが。今自分がこの天候で愉しみ、もしものことがあった時周囲は同情できるか

もっと大人の考えで、趣味を愉しんでいただきたいものですね!

番外編 山岳遭難でヘリコプターをチャーターした時の費用参考です

◆ ヘリコプター料金:(東邦航空・SA315Bラマ ※小型ヘリの場合)
  チャーター料(救出作業時間に対して)      511,500円/時間
  空輸料(回送料金)                 467,900円/時間
  スタンバイ料(通常業務中断の為の保証など) 300,000円/件
  滞留料(待機が3時間を超えた場合など)    297,000円/時間
  夜間滞留料                       71,700円/泊

山岳事故の場合、警察のみでの捜索はどうしても限界があります。

  いきおい捜索隊を民間に依頼するケースが多く

 数十人という捜索隊を編成するためには多額の費用が必要となります。


 特に冬山での遭難となると、捜索するほうも命がけ。


 夏山と冬山ではこれら捜索隊の編成に必要な単価も異なってくるようです。


 捜索が大掛かりに、また長期になればなるほど捜索費用は莫大なものになっていきます。


 幸運にも、無事救出されたとしても数百~数千万円の捜索費請求がされる可能性があります

1