1. まとめトップ
  2. 雑学

目指せゼロ災害!「安全標語(安全スローガン)」の作り方

建設業や工場・工事現場など職場における"安全"を目指すために作成される「安全標語(安全スローガン・安全目標とも)」。職場内外で各種コンテストやコンクールが行われていますが、この「安全標語」の作り方のヒントをまとめます。応募の際の参考にしてください。

更新日: 2016年02月12日

113 お気に入り 1276563 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

springspringさん

-安全標語(安全スローガン)って何?

自主的な労働災害活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図る

厚生労働省と中央労働災害防止協会主催の「全国安全週間スローガン」募集要項より。

-簡単に言うと

毎日仕事をこなしていくうちに慣れや油断が生じ、思わぬ事故を招く可能性がある

「安全標語(安全スローガン)」にはそのような慣れや油断を防ぐ効果がある

-様々な業界で「安全標語(安全スローガン)」は取り入れられている

運送業界やタクシー業界など様々な業界で「安全標語(安全スローガン)」は取り入れられている。

また、業界団体や職場で「安全標語(安全スローガン)」の各種コンテストやコンクールが実施されている。

ネット上ではこんな意見も。

-「安全標語(安全スローガン)」の例

おこたるな 基本動作と 正しい手順

出典労働安全標語

ゼロ災害 危険予知の 積み重ね

出典労働安全標語

あなたです かくれた危険 摘みとる主役

出典労働安全標語

-「安全標語(安全スローガン)」を作る際のポイントは3つ

「安全標語(安全スローガン)」の基本は五・七・五。俳句の形式を踏襲しています。応募する際には、誰でも口ずさめる、リズムの良いスローガンを心がけましょう。ちなみに本来は、自由形式でもかまいません。

目指すは安全。慣れや油断を防ぎ、労働災害が起きないためにはどうすればよいか考えてみましょう。

職場には必ず安全のための「キーワード」があるはず。この「キーワード」を意識すると、良い「安全標語(安全スローガン)」が作れます。

面白いもんだな、安全標語に選ばれたものみると、不思議と俳句の五七五なんだよな。標語だからなんでもいいはずなのに。

◆「安全標語(安全スローガン)」で使われるキーワードの例

1 2