1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

伸びてしまったセーターやカーディガンの襟や袖を元に戻す3つの方法

寒い日は、着た感覚も目で見た感覚も、暖かそうに見えるニットはかなり重宝します。しかし、気をつけないといけないポイントが、袖口や襟口のところ。たくさん着用していると、この部分が広がったり、伸びたりしてくる場合があります。そこで、伸びたセーターやカーディガンの襟や袖を元に戻す、簡単な方法をご紹介します。

更新日: 2019年07月15日

4299 お気に入り 1951566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilabjpnさん

寒い日は、着た感覚も目で見た感覚も、暖かそうに見えるニットはかなり重宝します。しかし、気をつけないといけないポイントが、袖口や襟口のところ。たくさん着用していると、この部分が広がったり、伸びたりしてくる場合があります。そこで、伸びたセーターやカーディガンの襟や袖を元に戻す、簡単な方法をご紹介します。

◆ 伸びてしまうワケ

以前の常識だと、「セーターを水洗いすると縮む!」これが当たり前の考えでした。しかし、洗濯機の進化が生んだ結果なのか、最近では、セーターを水洗いすると伸びてしまうのです

これは、昔の洗濯機はガラガラ、バシャバシャ水洗いしていましたが、最近の洗濯機はドライコースでユラユラやさしく洗濯でき、縮むことは少なくなりました

しかし、ハンガーにでも干して乾燥しようとすると、水に濡れた重みで簡単に伸びてしまうのです

これより、伸びてしまったニットの襟や袖を元に戻す方法をご紹介します。

■ ドライヤーを使う

その後、ドライヤーで乾かします。手順はこれだけです。こうすると、繊維が元のように引き締まってくるのです

■ アイロンを使う

まず、セーターの伸びてしまった部分にアイロンの蒸気だけをあてます。蒸気をあてることによって、セーターの繊維を蒸らし、柔らかくします

次に、蒸気をあてた部分を手でギュッと握ります。すると、セーターの生地がよってきます

最後に、生地がよった部分を、アイロンでポンポンと軽く当てながら、生地の形を整えます

すると、伸びてしまったセーターを、買った時のように、きれいな形に戻すことができます

■ タンブラー乾燥を利用する

タンブラー乾燥とは、コインランドリーなどで見かける「衣類を、熱と共に回転させながら乾燥させる乾燥方法」を意味します

最近では、家庭にもドラム式の洗濯機にタンブラー乾燥機能も付いた1台2役をこなすものがあります

綿(コットン)素材のニットは、大胆にタンブラー乾燥すると伸びが元に戻ります

◆ タンブラー乾燥で縮まない?

タンブラー乾燥で縮んでしまうのではと心配ですが、タンブラー乾燥で縮むのはウール製品がほとんどです

ウールが縮む現象は、ウールの繊維の表面の”うろこ”がタンブラーなどの摩擦で、”うろこ”同士が絡みあうのが原因です

それに比べ、綿には”うろこ”がありませんので、ウールのように縮むことはありません

1 2