1. まとめトップ
  2. ガールズ

「今日は疲れた…お酒飲みたい…」そんな女子は梅酒がいいみたい。

疲れたときって、お酒飲みたくなりますよね。そんなときは、梅酒どうですか?梅酒には疲労回復や美容効果など、いろんな効能が隠されているみたいです。

更新日: 2014年10月17日

618 お気に入り 134076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BlueMondayさん

「疲れた…お酒飲みたい…」ってとき、ありますよね。

ふわぁぁぁぁぁぁ。なんか今日はめっちゃ疲れたなぁ。色々ありすぎて。とりあえず酒飲みたい

もういやだ疲れたなにもしたくないかえって酒のみたい

仕事が予定より早く終わった!!今から地元帰ろうかな。どうしようかな…。とにかく疲れた!酒のみたい!!

そんなときは、ぜひ「梅酒」を。

梅酒は昔から民間療法として薬としても用いられていたくらい、健康の効能があるんですよ。

薬用酒として重宝されてきた梅酒。夜に飲んで寝れば、1日の疲れがリセットできます。

梅酒は梅エキスのかたまり!

梅酒はアルコールとの相性がよく、アルコールに漬けることで、梅の有効な栄養成分が効率よく摂取できるんです。

あの甘い味の源である氷砂糖も、「浸透圧を使ってよりエキスを引き出すために入れる」のだとか。“梅酒は梅エキスのかたまり”と考えていただきたい。

疲労回復効果が!

疲れているとき、レモンなどの酸っぱいものを食べるといいってきいたことありませんか?
それは、酸っぱいものに含まれる「クエン酸」が疲労物質である乳酸を分解し、生産抑制
することで疲労回復に効果的なのです!

梅の実のすっぱさの素となっているクエン酸は 疲労回復に効果抜群の成分

梅酒に多く含まれているクエン酸が、エネルギー代謝を活発にし、体内の疲労物質である乳酸を分解してくれます。

クエン酸はレモンや梅干しにも含まれていますが、梅酒のクエン酸含有率は、
なんと梅干しの6倍!レモンと比較するとなんと15倍の含有率なのです!

香りにリラックス効果

梅酒のあの爽やかな香りはベンズアルデヒドという成分によるもののためなのですが、これがいわゆるアロマセラピー同様、リラックス効果をもたらします。

この成分は、大脳を刺激して、アルファ波を出すとされ、心身ともに非常にリラックスした状態になるということのようです。脳幹の自立神経にも作用して、気持ちを安定させてくれ、ゆったりとした気分になれる

便秘も解消してくれる

1 2