1. まとめトップ

眼精疲労とは

眼精疲労 (がんせいひろう) とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。 眼疲労とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言う。

普段PCをよく使う男性の方は、要注意!眼精疲労が、ハゲの原因に!?

目の疲れには要注意!眼精疲労は頭皮にもストレス大。

長時間パソコンで作業をしたり、ネットゲームを行った場合。体が疲れるだけではなく、酷い目の疲れ・肩こり・頭痛を覚える事はありませんか?
長時間にわたり目を酷使した場合、血行不良、肩こりや、眼精疲労による栄養消費が懸念されます。まずは血行不良について説明します。

目・首・肩こり = 頭皮のこり

かなり強引な言い方になりますが、目・首・肩こり = 頭皮のコリと考えてみます。
長時間パソコン作業を行った場合、同じ姿勢で同じ場所を見つめることになるので、目・目の周り・額・肩・首の筋肉は長時間固定されたままになってしまいます。
これが1日・1ヶ月・1年間と続くと、目の周辺、肩や首の慢性的な血行不良となり、コリや頭痛などの症状へと繋がっていきます。
では、顔や肩、首の血行不良が頭皮とどう関係するのでしょうか?
ここで意識して欲しいのは「頭皮はあくまで頭の一部である」という考え方。
頭皮の栄養は、首や肩部分の血管を通して運ばれてきます。
頭皮とつながっている目の周辺・顔・肩・首の大部分が血行不良になっていれば、当然頭皮の血流不良に繋がってしまいます。
「頭皮の血行促進」は正しい育毛にとって、最も重要な項目です。
頭皮ばかりを気にするのではなく、体の血行にも気を配る必要があります。

血行不良は慢性化する。

同時に気をつけたいのが、血行不良の慢性化。
例えば、長時間のパソコン作業が習慣になっている場合。目・首・肩の血行不良が慢性的なものになり、自覚症状がなくなってしまう事があります。
しかし、体には負担になっているのです。
そういえば頭皮が硬い、頭皮が動かない、顔全外がこっている、目疲れによる頭痛があると感じた場合は、顔全体の血行不良 = 頭皮へのストレスと考え、定期的にリフレッシュやマッサージをしてあげる事が大切です。

目疲れは髪に必要な栄養も消費する

眼精疲労による血行不良は頭皮への直接的な影響として考えられますが、その他にも栄養面で心配な点があります。
疲れた部位や傷ついた部位を治すために、体は通常より多くの栄養素を消費します。
目の疲労回復に使われる栄養素で注意したいのが、ビタミンB群やL-システインなど。
これらは髪にとっても重要な栄養素です。眼精疲労がたまるあまり、ビタミンB群やL-システインが消費され、結果的に髪の栄養不足を招いてしまう事があります。
普段から偏食・栄養不足ぎみの人は、特に注意が必要です。野菜・果物をバランスよく摂る必要があります。
昔から眼精疲労にはブルーベリーが効くと有名なので、目疲れが心配な場合はブルーベリーを意識してとると良いでしょう。
毎朝、ヨーグルトなどに入れてブルーベリーを食べる習慣をつけてしまえば、それほど難しくありません。髪だけではなく目の健康にも良いはずです。
食事の改善が難しい場合や多くの栄養素を望む場合は、サプリメント等を使います。

1





Daxnuさん