1. まとめトップ

女性初の総理候補だった小渕優子経済産業相が辞意に至った経緯

元総理大臣の故小渕恵三の娘である、小渕優子経済産業省大臣が辞意に至った敬意についてまとめました。

更新日: 2015年10月21日

13 お気に入り 2956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KAREnさん

▼小渕優子経済産業相が突然の辞意表明

▼なぜ小渕優子さんは辞意に至ったのか?

政治団体「小渕優子後援会」と「自民党群馬県ふるさと振興支部」が開催した小渕優子さんの支援者向けの観劇会。

参加者から集めたとみられる収入と劇場側への支出に約2600万円の大きな差額があった。

参加者が負担すべき差額分を政治団体が肩代わりしていた場合、公職選挙法が禁じる選挙区内の有権者への「寄付」行為にあたるのである。

▼2012年にも・・・

衆院解散・総選挙があった2012年には、観劇会を開催しながら収支報告書に記載していなかったことも同時に明らかになった。
まだまだ不透明なお金の流れがあることを野党からも追求されるであろう。

▼そんなものまでも・・・

資金管理団体によるベビー用品や化粧品、さらに小渕氏の地元特産の下仁田ネギなど、政治活動との関連が明らかに公私混同している支出については、政治活動の関係者への贈答品だとして「公私混同はない」と小渕氏は強調した。

贈答品は「私の選挙区内には贈っていない」と述べ、公職選挙法違反となる「寄付」行為の可能性は否定した。

野党からのさらなる追求は否めないだろう。

ついに公職選挙法にも抵触。

選挙区に住む男性に対し、祝い品として赤と白のボトルワイン計2本を贈っていた。ワインボトルには小渕優子さんの写真が印刷されたラベルが貼られていた。まさにオリジナルブランドのような小渕ワインだ。

▼身内からも辞意すべきの声が・・・

所属する額賀派内部でも「辞任は不可避」との声が広がったことも影響した。

▼内閣支持率にも影響しそうだ

非常に支持率が高かった安倍内閣。
しかし、安倍内閣のサプライズ起用であった小渕優子経済産業相辞意によって、内閣支持率も下がるのではと見込まれている。経済産業相は原発再稼働などの重大な問題を抱えている状態である。

▼ついに内閣支持率が50%を切った

▼国民の声

この方、慧眼です④ ってきてはいたのでしょう。離婚の危機も報道をされていないから。 小渕優子という、小さい子を子育て中という、ご自分の立場への客観的考察もできていない人が、旧名通産大臣を担う。こういうことは、日本を衰運に向かわせます。

この方、慧眼です③  もちろん大悪人は、小渕優子議員の秘書です。だが、優子さんご本人も、すでに、一回質問を受けているわけですから、やはり、目配りと気配りをなさらないといけないです。あまりにもずさんです。ところで、小さい子を子育て中の女性として、優子さんは、まともな生活を送

小渕優子氏の政界引退は不可避? 後任に強力なイケメン候補浮上。資金問題で小渕優子議員が辞職した場合、イケメン候補の出馬が噂されている。中曽根康弘元首相の孫の康隆氏の出馬が、噂されていると関係者。外資系証券会社を昨年7月に退職し、現在参院議員の父親の秘書を務めている・・ふーん。

今日寄生獣読み返したから小渕優子の一億円とかまじどーでもいーし群馬県汚さないでほしい

小渕優子さん、特に意識したことはなかったけど、女性だからやっぱり頑張って欲しい。日本でも女性がリーダーになれるんだよ、って行動で示してほしかったし、きっとこれからも頑張ってくれると思う。

『なぜ小渕優子前経産相は「収支がわからない」のか?国会議員事務所のお財布事情と政治家の“哀しい性”――松井雅博・現役国会議員政策担当秘書 - ダイヤモンド・オンライン』 ( 小渕優子 )のニュース

小渕優子このやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

【小渕優子さんは、悩んでいたのでしょうか?】原発再稼働を語るときの自信満々の表情。子をもつ親としての気持ちを語るときの不安げな表情。まったく違うのです。1人の人間として、自分に正直に生きてほしいです。 pic.twitter.com/xNc7Usl3Hc

小渕優子議員の辞任は止むない。 同時に世襲制の高い日本の政治は時代の流れについていけないのだ。 彼女は尊敬する亡き父を見習ったのだとしたら、この問題は氷山の一角に過ぎない。

小渕優子さん辞任。その方がいい。ご自身の政治資金の不透明さ、大臣として国会で政策議論が出来ていない。松島みどりさんも刑事告発されたし、来週からは国会正常化してくれると嬉しい。 今後の焦点は、「政策より政局」を重視する民主党の国会対策がどうなるか。それと経産大臣は誰がやるんだろう?

政治家は自分の身の丈をよく知るべきであり、欲を出した時点で自分の政治生命は終わりを告げることを小渕優子はわからなかったな

1