出典 www.kimiuso.jp

有馬公生 声 - 花江夏樹

母が叶えられなかった「世界的なピアニストになる」夢を叶えるために、幼い頃から母の厳しい指導の下で練習に励み、「正確かつ厳格」と評された演奏で国内外の数々のコンクールで優勝を果たした。

11歳の時、コンサートで母親への最高のプレゼントとして、感情のこもった演奏をするも、その事が原因で母と喧嘩になってしまう。生前に母と交わした最後の言葉は「お前なんか、死んじゃえばいいんだ」。その後母が亡くなり、そのことがもとで演奏中に自分が弾くピアノの音が聞こえなくなるという症状を発症、ピアノから遠ざかるようになる。

この情報が含まれているまとめはこちら

本当に中学生!?四月の君は嘘の主人公『有馬公生』の大人な一面も垣間見るかっこいい画像集!!

この秋絶賛放送中!TVアニメ「四月は君の嘘」の主人公有馬公生の時に大人な一面も見せる彼の厳選画像集!!

このまとめを見る