1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエットに小顔効果! 『良く噛む』ことの効果が半端じゃなかった!

ご飯をよく噛んで食べなさい、とはよく聞く話。ダイエットに効果があるのは有名ですが、実はよく噛んで食べることは身体にすごい効果をもたらしているんです。虫歯予防や、ガン対策、小顔効果など、「よく噛む」ことで得られる効果をまとめました

更新日: 2014年12月20日

507 お気に入り 306594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ikuo00ukさん

ごはん、しっかり噛んで食べていますか?

最近お菓子を食べ過ぎだそうなので、にぼしをモグモグしてますモグモグ(・w・)飲み込む時が痛いから、もっと噛まないといけませんね

「よく噛んで食べる」とダイエットに効果的で痩せれる!

食事中普段よりよく噛むことで、痩せるというのは有名な話

最新の研究結果から、噛む回数を増やすことで、食事量を約15%減らすことができることがわかっています。つまり、食事量を減らすことで、体重をよりコントロールしやすくなる

噛む回数を増やすと唾液の分泌が良くなり、お腹いっぱい」と感じて、自然にカロリーを押さえることができる。また「噛む」という動さだけでも痩せるそう。

よく噛むことで脳内に産まれる「ヒスタミン」には、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があるだけでなく、脂肪をエネルギーとして燃焼させる作用も

よく噛むことで、食事誘発性体熱産生は大きくなります。ですから、噛むだけで消費エネルギーを大きくすることができ、基礎代謝もアップさせることができる

食事誘発性体熱産生と呼ばれる現象は、食べた栄養素が熱となって消費されているということ

食事をよく噛むと満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられることは有名だが、食前にガムを10分間噛むようにするだけで、エネルギー代謝が促進され体重が減る。さらに内臓脂肪や皮下脂肪も減少する。 #有益なことをつぶやこう 11/14/14 09:30:51

しっかり噛まないと不調が続いてしまうだけでなく、胃癌の原因にも

噛まないで丸呑みすると、胃に大きな負担がかかるので、胃痛、胃酸の出過ぎによる胃潰瘍、胃食道逆流、胃癌の原因になりやすい

噛まないことで、顎や咀嚼筋群の発達が低下し、顔は小ぶりになり、表情は乏しく口はポカンと開きやすい若者たちが増えてきているのです。そうなると口呼吸となり、呼吸器系の炎症、免疫低下を引き起こしやすくなる

噛む刺激は眠気を抑え、脳の働きを活発にし、認識力や思考力、集中力、判断力などを高めます。噛むことが少ないと、脳や視神経、中枢神経などの発達にも影響が出る可能性もあります

虫歯予防や老化防止など優れた効果がたくさん!

だ液がたくさん出ることによって「虫歯を予防」する効果もえられます。虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌によって起きますが、だ液には虫歯菌が作る酸を薄める働きがある

唾液の分泌がよくなり、唾液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため、口腔内の清潔が保たれ、むし歯や歯周病の予防につながる。

チベットなどでは、よく噛まなくては食べれないスジ肉などを与えることで虫歯予防しているそう

生命保険の契約も断られるほど体調不良に苦しんでいたアメリカの大富豪寝であるホ―レス・フレッチャー氏もドロドロになるくらいまでよく噛んで食べるようにした所、半年ほどで普通の人よりも元気になった

ガンを防いだり、目を良くする効果もある

ボケ防止や、目を良くする効果にガンを防ぐ効果も

よく噛むことによって間接的に目の筋肉を刺激し、目の筋肉の老化を遅らせる効果が期待できる

噛み砕かれることによって、野菜や果物から出るビタミン類が発ガン物質の生成を抑制する

ガン予防にも優れた効果があるそう

記憶を司る「海馬」という部分が、「噛むことで活性化」されるため、よく噛んで食べれば、記憶力の低下など脳の老化が防げる

勉強する時は、「ガム」を噛むと良いと言います。 あごの筋肉は脳に直結しているので、動かす事で働きを良くできます。 ガムが無くても、あごを動かしておくと良いですよ。

美しい小顔は、噛むことで作られる

唾液は消化を助けたり、口の中をキレイにしたり、PHを弱酸性に保って雑菌などから身体を守っています。さらに唾液は若返りや美肌に効果的な美容成分が含まれている、まさに「天然の美容サプリ」

1 2