1. まとめトップ

【104歳現役医師!】日野原重明先生から学ぶ100歳以上長生きする秘訣

医学の発展もあり、日本は長寿国となり平均寿命は毎年伸びています。そこで気になる長寿の秘訣をまとめました。後半には日野原重明先生の「10の生活習慣」を記載。【アンチエイジング】現在

更新日: 2016年02月21日

peacemakersさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
130 お気に入り 119981 view
お気に入り追加

日野原重明先生とは・・・

山口県出身、1911年10月4日生の日本の医師・医学博士。
大日本帝国海軍軍医少尉等を経て、聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長、自治医科大学客員教授、ハーヴァード大学客員教授、国際内科学会会長等を歴任。

少なくとも110歳まで現役を続けることを目標にしていると語っているそうです。

わずかな移動時間も原稿執筆に使い、睡眠時間は4時間半、週に1度は徹夜をする生活だったが、96歳で徹夜をやめ、睡眠を5時間に増やしたという。

今でもスケジュールは2、3年先まで一杯!

10年間のスケジュール帳があり、2020年のスケジュールが既に半分埋まっているそうです

気になる長寿の秘訣とは・・・

▼どんな食生活?

朝食はコーヒー、ジュース、ミルク、オリーブ油を摂取され、昼食はミルクとクッキー2個だけ。

腹八分目は健康に良いと言われていますが本当だったのですね

夕食は茶碗半分ほどのご飯、たっぷりの野菜、それにヒレ肉か魚で1日1300キロ・カロリーに制限されています。

基礎代謝が1200キロ・カロリー、毎日頭脳活動と運動に100キロ・カロリーを使っている計算になるようです

▼睡眠方法は?

うつぶせ寝で睡眠をとる。一般の脊椎動物がすべてとっている腹臥位での睡眠である。これにより横隔膜を運動させる腹式呼吸が夜間の睡眠中に繰り返され、胃腸の運動も円滑に行われ、排尿も良くなる。

まず、おへそのあたりに幅広い枕を置き、その上にうつぶせ寝をするが、できれば薄い羽毛の枕を二重か三重にたたみ、頭は15%くらい右か左に向かせ、右か左の耳と側頭部に枕が当たるようにし、おなかは真下に向け、両足は少し曲げて休む。

▼運動方法は?

・腕立て伏せ
(いすの背を持って、腕立て伏せを20回します。いすは体重がかかっても動かないようにしっかりと固定してください)

・スクワット40回

・首の体操
(首を前後、左右に動かします。風呂に入った時にすると良いそうです)

無理の無いように行ってください

日野原重明先生の「10の生活習慣」

①少食
 腹八分目は科学的にも正しい。。30代の体重や腹囲を保つと良い。

②植物油をとる
 ヤシ油以外のものならOK。肌のハリを保つ。肌のハリは、気持ちのハリにつながる。細胞を若く保つには、大豆製剤のレシチンを温牛乳に入れると良い。

③階段は一段飛びで 
 これはちょっと危険かも。

④速歩

⑤いつも笑顔で

⑥首を回す
 後ろから呼ばれた時、肩ごと身体を向けるのではなく、首だけ回すとはつらつと見える

⑦息を吐ききる
 吐ききると腹式呼吸が簡単にできる。新鮮な空気がたくさん身体に取り込める。

⑧集中
 仕事、趣味に時間を有効に使うためには集中することが一番大切。

⑨洋服は自分で購入
 服を選ぶことは楽しい。おしゃれになると、歩き方までかわる。

⑩体重、体温、血圧を測る 
 自分の身体は自分で守る。日々の変化を記録する習慣を。ベストの数値を知っておく。

出典日野原重明

以上の10項目を、できることから少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか

1





【100万view越え!?】人気急上昇のまとめ一覧
http://goo.gl/fY9PfO

twitter等での拡散よろしくお願いします。
ツイッター始めました!フォローお願いします↓

このまとめに参加する