1. まとめトップ

知ってる?もちもち新食感「めめおやき」北海道の豆腐スイーツが気になる!

北海道には美味しいスイーツがいっぱいありますよね♪いま注目されている「めめおやき」についてまとめました。

更新日: 2014年10月21日

13 お気に入り 42530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shunsukeeさん

札幌のお豆腐屋「めめ」のおやき

「おやき」というと、長野県名物の野沢菜や山菜などが入ったものが有名です。

が、北海道で「おやき」と言えば、道外で「今川焼」、「大判焼き」と呼ばれるお菓子のことで、厚さ2~3㎝の円形の中に、餡やクリームなどが入っています

今川焼と言えば・・・有名な「御座候」

小豆あんの材料は、小豆(北海道十勝産)、砂糖、還元水飴、食塩のみとシンプル

1個 85円というのも嬉しい!

関西を中心に店舗を展開。北海道にもお店があります

今川焼は、冷凍食品でも人気!

ニチレイフーズが製造。

電子レンジ調理のあとにオーブントースターで加熱すると、パリッとさらにおいしくなります

今川焼のライバルは多い!しかも価格はどれも安め

北海道産の原料にこだわり

めめおやきは、お豆腐屋さんらしく豆乳クリームがたっぷり入っており、餡には北海道産小豆を使っている

北海道十勝産の低農薬栽培の藤紫小豆を原料に地元北海道札幌の企業の餡子を使用

普通のおやきとも大福とも違う「もちもち感」にハマる!

実際に食べた人の感想を見てみましょう。

「白いもちもちおやき」は新食感『冷めても変わらず、もちもち感一杯』の新しい、スイーツに近いおやき

めめおやきの特徴は、生地の食感。パクリと食いつくと、もっちりした歯ごたえがあり、お餅のように伸びる感覚があります。この絶妙な「もちもち感」は、一度食べるとクセになります

ありそうでちょっとないお菓子かも!

甘すぎない魅力

「普通のおやきは、1個食べたら、2個目はちょっときついでしょ?でも、めめおやきは2個食べられる味なんです。それも、水などを飲まなくても食べられる。つまり、あっさりしていて食べやすい。それは、餡の糖度を45度くらいに抑えているから」

めめおやじこと代表の杉山順一さんのコメント。

種類もいろいろ

糖度を50度前後でもう一つ食べたくなる甘さに設定、十勝小豆100%を使用

豆乳クリームと粒餡をミックスした「豆乳クリーム」。

甘さ控えめの豆乳クリームと粒あんのハーモニーが見事で絶大な人気を誇る

北海道産黒豆の塩加減が抜群!この「しょっぱ甘い」味をつくるのに3ヵ月かかったといいます

1 2