クエン酸は、酸の一種で、細胞の中に
存在している成分です。

細胞内にはクエン酸回路というものがあり、
食べ物をエネルギーに変えるという重要な
働きをしています。このクエン酸回路の
成分がクエン酸です。

しかし、食生活の乱れなどにより、クエン酸
回路の働きが悪くなることがあり、その結果、
体の代謝も悪くなってしまいます。クエン酸
を食べ物などから摂取することで、クエン酸
回路が活性化され、代謝も良くなります。

代謝を促すこの働きにより、クエン酸は
肝臓でも機能の改善に大いに役立つほか、
肝臓病も予防してくれます。さらに、
クエン酸には、乳酸を排出する働きも
あるため、通風の予防や筋肉痛にも
効果的です。

出典クエン酸のはたらきとは?肝臓にいいもの大紹介

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知ってた?実は色々な効果がある「クエン酸」

酸っぱいで有名な「クエン酸」。薬局に行けば手軽に安く入手できますが、実は色々な効果があります。

このまとめを見る