1. まとめトップ

☆保存版☆ トイレが詰まった時の対処法

トイレの詰まり。めったに起きないことですが、実際に詰まると大変。自分で直せるのか、修理業者をすぐ呼ぶのがよいのか?”正しい手順”をお伝えします。 ※※自己責任でお願いいたします。

更新日: 2015年01月02日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 3059 view
お気に入り追加

▼ トイレが詰まった!!さあ、大変!

▼ 最初に確認すべきこと

なにを詰まらせたかを確認する。

①心当たりがない、ティッシュペーパーなど
⇒ 自分で対応可能な可能性が高い。

②ボールペンや、おもちゃなどのあきらかな異物
⇒ 下水管に詰まる可能性あり、業者に依頼した方が無難。

ここからは①の場合の対応です。②の場合は↓にある業者の選び方を参考にされてください。

▼ まず、ラバーカップ(スッポン)を準備する。

もし無ければ、ホームセンターにて購入してみてください。(1000から1500円程度)

① 便器に押し当てる。(このとき、隙間ができないように押し当てるのがポイント)※真空状態を作るように

② 強く引っ張る!(引っかかるような感触があれば上手くできています)

③ ①②を水が流れるまで、繰り返す。
※うまくやれば、10回程度で流れることも多いようです。

▼ 参考動画

▼ それでも詰まりが直らないときは?

○ラシアンに連絡だぁあ!、、いえ待ってください。

出張業者は、すぐ来てくれるかわりに高額な可能性があります。

基本料金8,000円と仮に書いてあっても、便器取り外し賃、取り付け賃など、追加費用は
いくらでも”作り出せます”。

悪徳業者が、不必要な修理、交換をしても”素人のあなた”にはわからないのです。

そりゃそうです。わからないから業者を呼んだのですから。。

▼ では、どこに頼めばいいの?(業者の選びかた)

それぞれの市の指定の水道工事(道路の中の上下水など)の工事を行うため、登録されている業者。漏水などの対応も可能。

市の登録業者のため、悪徳業者の可能性は低い。(見積もり確認はしてください)

一つの市に複数の業者が登録されているため、迅速に対応が可能。
(夜間の対応を交代で業者にお願いしている市町村もある)

1





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。