1. まとめトップ

初心者に捧げる「新宿ゴールデン街」の手引き とりあえず、ここ行っとこうか。

ゴールデン街、とても楽しい街なのにどうも誤解されがちなんですよね。とても面白い人が集うちょっと不思議な街。通い始めて8年目、毎週行っても飽きない私がご案内しましょう!

更新日: 2016年08月14日

dencoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
70 お気に入り 654256 view
お気に入り追加

行こう行こうと思ってもう3年くらい経ってませんか?

新宿ゴールデン街、怪しいネーミングもさることながら入ってくる街の情報も断片的なものばかりで謎に包まれてる感ありますよね?
実は要領さえわかっていれば初めてでも全然怖がらず、楽しむことができます。
さぁ一緒にお勉強しましょう!そしてゴールデン街で飲みましょう~!

そもそもゴールデン街って?

新宿ゴールデン街(しんじゅくゴールデンがい)は、東京都新宿区歌舞伎町一丁目にある飲食店街。花園神社と隣接し、第二次世界大戦後に建てられた木造長屋建ての店舗が狭い路地をはさんでマッチ箱のように並んでいる。映画・演劇関係者や作家、ジャーナリストが多く集まる街としても知られている。

新宿区役所からほど近い場所にあり、迷路のように入り組んだ通りに200以上の飲食店が密集する。アーティストや作家、演劇関係者など文化人の愛好者も多く、注目のエリア

元々は、青線地帯と呼ばれる非合法売春地帯だった。

昭和40年頃より、作家、映画人、演劇関係者、カメラマン、 編集者が多く訪れるようになり、“ゴールデン街”という名で街が知られるようになる。

近年では若い経営者が様々なコンセプトで続々と出店するようになった。

大人の街なのでそれなりの流儀があります

歴史のある街なので、昔から何十年も通い続けている方から二十歳くらいの若者まで多くの人が集います。
お店ごとに決まりごとがあったりもしますが、基本をおさえましょう。

長居は無用

ほとんどの店が3坪程度の小さいお店です。
10名も入ればいっぱいなんてところばかり。
人気店は常に立ち飲み客が出るほどです。
なので、店がいっぱいになってしまったら、先に来た人が後から来た人に席を譲るのが暗黙のルール。
長居は無用なのです。

とはいえ、つぶれている人もたまにいるので、そっとしておいてあげましょう。

チャージは先に確認しよう

どの店も基本的に500円~1000円程度のチャージがかかります。
これにドリンク代1杯600円~(上はきりがない)が重なると思ってたよりも飲み代がかかってしまうことも。
必ず店に入る前にチャージの料金とドリンク料金の目安を聞きましょう。
店の前に看板が出ているところもあるので、それを参考にするのもいいですよ。

客引きのおばちゃんとかおかまちゃんには気をつけよう

街を歩いていると70歳は超えているんじゃ?と思うおばちゃんに声をかけられることがあります。
さすが長く生きているだけあってかなりたくましい。
強引に店に連れていこうとする方もいるので、負けないで。
ちゃんとした店をされている方もいるとは思いますが、ほとんどの場合あまりいい話を聞きません。
1杯5000円とかいうことも。
初心者は客引きには基本ついて行かないことをおすすめします。

大人数は厳禁です

1 2 3





dencoさん