1. まとめトップ

一生モノの秋冬“定番”アウターまとめ【メンズファッション】

ブランドとして定番的に展開している秋冬アウターのまとめ。●ウールリッチ ●カナダグース ●クレセントダウンワークス ●グローバーオール ●シエラデザイン ●ショット ●スクーカム ●マッキントッシュ ●バブアー ●ヤーモ ●ラベンハム 等 ※為替の影響で価格が変動している物があります。

更新日: 2017年12月02日

933 お気に入り 1861444 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Bunny_Robberさん

| INVERALLAN【インバーアラン】の3Aカーディガン

インバーアランは最近人気の高まってきたニット系アウターの大本命ともいえるブランド。アラン諸島の漁師が着ていたセーターを起源にし、熟練の職人が手編みで編んでいます。
幾つかあるラインナップの中で、3Aは一番人気のあるシリーズ。カジュアルにもトラッドにも合わせられるので、コーディネートの幅が広がるアイテムです。
インバーアランの商品は市場に出る在庫が少ないのも特徴の一つ。人気のサイズ、カラーは直ぐに売り切れてしまうので、早めのチェックがオススメです。

《参考》
http://allan.shop-pro.jp/?pid=80483287

インバーアランはシャツの上に一枚羽織るだけでも十分カッコイイと思います。更にカジュアル感をプラスしたいならパーカーとのレイヤードもオススメです。カモフラのパンツも合っていると思います。
セーターに用いられているウールは多少の雨や雪を防ぎますが、風が強くて寒いと感じる場合、中にインナーダウン、または上にダウンベストを着るのもアリです。

http://www.mytokachi.jp/harvest/

| WOOLRICH【ウールリッチ】のアークティック パーカ

アメリカの老舗アウトドアブランドのウールリッチ。このブランドの代表的なアウターであるアークティックパーカは、1972年にアラスカの-40℃での環境下の中、パイプライン建設作業の為に開発されたダウンジャケットです。
癖の無いデザインと防寒性は正に一生モノと言えます。

価格:98,000円 (税別)

アラスカの南北を縦断している石油パイプライン。1974年着工、1977年完成。
このパイプラインの建設作業の為にアークティックパーカは作られました。

| Eddie Bauer【エディーバウアー】のゲッデスパーカー

1920年に創設されたエディーバウアーは、世界初のキルティングダウンジャケットを作ったブランドとして知られています。
ゲッデスパーカーは、第二次世界大戦初期、陸軍のパイロット達の中で軍支給のものよりも温かいと評判で、彼らが自費で購入していたモデル。この後、軍に正式採用されるB-9フライトジャケットのベースとなっています。
デザインリソースとしても人気が高く、ウエアハウスやナイジェルケーボン等、様々なブランドがこのジャケットのレプリカを作っています。

価格:32,000円(税込)

ゲッデスパーカーは、写真に写っているパイロットのジョン・ゲッデス氏から名前を採っています。
当時の戦闘機には空調設備が無かったため、コクピットの中は非常に寒く、パイロット達はこのようなジャケットを着る必要がありました。

| CANADA GOOSE【カナダグース】のジャスパー

セレクトショップの取り扱い等から始まり、一気に定番化した感のあるカナダグース。極地探検用のウエアを作っているブランドだけあって、その防寒性は折り紙つきです。
シルエットが細身なジャスパーは見た目もスッキリとしており、街着としてオンオフで活躍するモデルです。

価格:92,880 円(税込)

カナダグースはカナダ・ナショナル山岳レスキューチームや北極圏の生物を追うカメラマン等、過酷な環境で活躍している方たちに支持されています。

| CRESCENT DOWN WORKS【クレセントダウンワークス】のクラシコダウンパーカー

1974年に創業したクレセントダウンワークスは、現在では珍しくなってしまったアメリカ製のダウンジャケットを作るブランド。
これぞダウンジャケットといえるクラシックな外観は、いつまでも定番であり続ける存在です。
また、このブランドの特徴として別注モデルの多さが挙げられます。別注元によりカラーやシェル素材の違いがあるので、いろいろなショップをチェックしてみて下さい。

《参考》
http://shop.cassidy.co.jp/shopdetail/000000001792/021/P/page1/recommend/

価格:別注元により価格も6〜9万円程度と幅があります。

創業者の"ANNE MICHELSON"は世界で初めてダウンウェアを開発した事で知られる"Eddie Bauer(エディ・バウアー)"で経験を積んだ後、ブランドを立ち上げ時代に流されないオーセンティックなデザインと、経験が織りなす確かな機能性により世界中で支持されています。

クレセントダウンワークスはエディバウアーで働いていた方が立ち上げたブランドです。

1 2 3 4 5