1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

自民党の杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBT)カップルを「生産性がない」などと指摘したことが物議を醸し、多方面から批判の声が上がる中、前大阪市長の橋下徹氏(49)が「日本で一番生産性がないのはお前だ」と同議員を激しく非難した。

 26日に放送されたAbemaTV「橋下徹の即リプ!」では、番組に寄せられた同議員への批判を紹介。橋下氏は「ネットの中には、いわゆる国士気取り、威勢のいいことを言っているような人を応援する人が一部いる」とし、杉田議員は「そういう人たちから拍手喝采を受けながら、この路線でずっとやってきた人」と指摘。その上で「表現の自由もあるし、特定の個人の名誉を毀損しない限り、個人の考え方なのだからそれはいい。ただ、僕は絶対に反対。日本の中で一番生産性がないのはお前だ。アホか。税金使った国会議員の中で、何の生産性もない」と、杉田議員の言葉を引用して糾弾した。

また、同議員がかつて「日本維新の会」から出馬したことを振り返り「ポンコツの一人。(責任の一端はあるから)すみません」と謝罪する場面もあった。要請を受けて選挙応援に行ったにもかかわらず、一度落選すると橋本氏を批判してきたことも明かして「“自分は保守”“国を背負っている”とか言っている保守気取りの人って恩知らずが多い」とばっさり。さらに「その後、一生懸命“国士気取り”活動やっている中で目に止まったのか、自民党で出て(選挙に)通った」とし、「自民党の一部議員の中には、結婚は男と女じゃないとダメ、事実婚はダメだというメンバーもいる。だから野党が“関係ないじゃん”っていうような新しい政治を打ち出さないと」と訴えた。

「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動への対策を検討する意向を示している橋下徹大阪市長は20日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の桜井誠会長と市役所で対面したが、終始暴言が飛び交い、面談は10分足らずで終了した。

1