1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

自動車界のアップル!?テスラ・モーターズの車が近未来すぎるww

iPhoneで爆発的ヒットを生んだアップル社にも例えられる自動車会社テスラ・モーターズ。最高責任者CEOであるイーロン・マスク氏にも注目が集まる次世代の自動車産業を牽引するテスラをご紹介します。

更新日: 2014年10月21日

蜜柑丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
97 お気に入り 83542 view
お気に入り追加

◆次世代の自動車会社「テスラ・モーターズ」

スマホを普及させたアップル社同様、電気自動車を普及させる事が期待されます。

アメリカ合衆国のシリコンバレーを拠点にバッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社

◆どのような車なのか?

・自動運転

速度標識の認識や、衝突の危険を予測して停車させたり、レーンに添っての走行や、外や自宅ガレージに自動駐車することができる

高速道路で車線変えたい時はウィンカー出すだけで、あとは安全なタイミングを見計らって車が勝手に車線変更してくれる

テスラの最終的な目標は、完全な自律走行車が叶わないのなら、部分的にでも”オートパイロット”モードに変更できるようにすること

・タッチスクリーンの大型ディスプレー

ナビや温度調節、インターネット検索など多くの仕事を行う。

スマートフォンのように手で触って使うタッチスクリーン方式で、画面の大きさ17インチは一般車の2倍を超える

・無料のバッテリー充電所

1回の充電で約500kmの連続運転が可能とされ、その場合の電気代は1000円程度という

EV車の最大の欠点とも言える連続運転距離の短さは解決されていると言える。

◆創業者はこんな人!

最近では火星に人類を100万人送り込むという計画で注目を浴びました。ちょっぴりチャラい一面も...

ペンシルバニア大学で経済学と物理学の学士号を取得後、スタンフォード大学に入ったが、わずか2日でドロップアウト

PayPalの創業者であり、宇宙ロケット製造開発会社「スペースX」や太陽光発電企業「ソーラーシティ」、電気自動車会社「テスラモーターズ」のCEO

◆EVの時代がやってくるのか!?

アップルやBMVなど世界的企業をはじめ、日本企業も多く参入しはじめている電気自動車産業。

「充電を無料にする」といった戦略に加えて、政府の補助金などの支援策が追い風

米ネバダ州北部に「巨大工場」を建設し、EVを自動車市場の主力に押し上げるため電池価格の引き下げに挑もうとしている

問題のひとつ、「電気料金の高さ」に取り組んでいます。

EVはガソリン車に比べ、二酸化炭素などの排出がないということや資源の利用効率の高さという強みが存在

ガソリン車よりも遥かにエコな自動車です。

EVが普及するうえでは充電インフラやメンテナンスなどの周辺産業の整備が必要不可欠

まだまだ解決すべき問題は多いが...

1 2





海外、医療・福祉、サイエンス、生活の知恵、スポーツなどを中心にまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう