1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本シリーズ進出!HKT若田部遥のソフトバンク不敗神話がすごかった!

2014年のプロ野球のパ・リーグのCSシリーズを制し日本シリーズ進出を決めた福岡ソフトバンクホークス。その裏には同じく福岡を拠点とするアイドルグループHKT48の若田部遥さんが勝利の女神として存在していたと話題に。父親も元プロ野球選手で解説者となっている若田部さんの不敗神話をまとめました。

更新日: 2014年10月22日

27 お気に入り 47893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・2014年のプロ野球のパ・リーグのCSシリーズを制し日本シリーズ進出を決めた福岡ソフトバンクホークス

リーグも制覇し、3年ぶりの日本シリーズ進出を決めたホークス

パ・リーグのクライマックスシリーズ最終ステージは10月20日、ヤフオクドームで最終第6戦

福岡ソフトバンクホークスが4対1で日本ハムに勝ち、対戦成績を4勝3敗として、3年ぶりの日本シリーズ進出

・そのホークスのファンの間では、同じく福岡を拠点とするアイドルグループHKT48の若田部遥さんが勝利の女神だと話題に

HKTの若田部さんがホークスの勝利の女神だと話題に

福岡に活動の拠点を置くHKT48の若田部遥(16)がファンの間で「不敗の女神」と評判に

ホークスファンらの間では、遥さんの「不敗神話」が日に日に話題に

次第にホークスが試合で劣勢になると「球場に早く若田部さんを」といったツイッターのつぶやきが登場するように

【予告先発】2014年10月19日(ヤフオクドーム 13:00)福岡ソフトバンクホークス J.スタンリッジ投手(55) VS 北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平投手(11) #sbhawks TOKYO MX 若田部遥レポーター(14)

・父親もプロ野球選手で現在は解説者として活躍

父はホークスで活躍した若田部健一氏

若田部遥は、2011年7月、HKT第1期生オーディションに合格。同年11月、福岡市のHKT劇場での公演でデビュー、チームHに所属

今年5月、東京のテレビ局「TOKYO MX」のソフトバンク戦中継で、健一氏が解説、遥がリポーターを務める「父娘中継」がスタート

遥は「(ホークスは)小さい頃からずっと応援しているので生活の一部のような存在」という

・なかなかすごい若田部さんのソフトバンク不敗神話

親子で解説した試合では負けなしだった若田部さん

今季から、TOKYO MXの父、健一氏が解説を務めるソフトバンク戦でリポーターとして起用され、初陣となった5月7日の日本ハム戦の逆転勝利を皮切りに、この日を含め逆転勝利6回、サヨナラ勝ち3回という強運ぶり

これまでレポーターを務めた9試合は8勝1分け、3度のサヨナラ勝ちと驚異の数字

この“女神”は、ただ不敗というだけでなく、“登板”した試合は3度のサヨナラを含む6度の逆転勝ちと、それこそ“遥パワー”もあって勝てたかのような試合ばかり

5度の逆転勝利、うち3試合がサヨナラ勝ちだったことから、ファンの間で「無敗の女神」と評判になっていた

・が、CSファイナルステージで一度はこの不敗神話がストップ

惜しくもCS第5戦では不敗神話がストップ

元ダイエーのエース・若田部健一氏の長女でHKT48の若田部遥の不敗神話が途切れた

レポーターで登場した10月19日のCSファイナルステージ第5戦は、延長11回に日本ハム・中島に勝ち越し打を打たれ4-6でソフトバンクが敗戦

今季10度目の父娘共演で初の黒星を喫し、日本シリーズ進出決定も翌日以降に持ち越し

1 2