1. まとめトップ

岩城滉一さん、暴言吐いたせいで過去の覚せい剤や拳銃所持まで露呈してしまった

日本サッカー選手のことを「猿なのか、オランウータンなのか」と歯に衣を着せない言動で注目を浴びてしまった岩城滉一さん。そのせいで、過去に覚せい剤取締法違反と銃刀法違反容疑で逮捕されたことや莫大な借金を背負った話まで再浮上してしまいました。

更新日: 2016年12月25日

8 お気に入り 349004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本再生さん

日本のサッカー選手について猿なのか、オランウータンなのかと発言

ネットでは岩城滉一さんがヘイトスピーチしているという声まで。

最近の日本のサッカーを見ていると、“こいつらナニ人なの?”と思う。イタリアの選手とかは見ればイタリア人だなと分かるけど、日本の選手見てると、猿なのか、オランウータンなのか。

発言の真意を追及する記者に対して「本はといえば、みなさん(マスコミ)が悪い。ちゃんとニュースを報道しないから」と逆ギレ。

報道陣と一触即発の雰囲気に・・・

「(問題発言について)オレに何で? って聞くってことは、そうは思わないわけ?」と一触即発の空気に。

会場のスタッフが「そろそろお時間が……」と時計を見ても、「時間は大丈夫だから」と制止を振り切ったほどだった。

口が悪い人だったらしい

第21話で ボクシングのデビュー戦においてボコボコにされる草太(岩城滉一)このシーンで俳優・岩城滉一の凄まじい役者魂に感動した。

『北の国から』(同)に出演後しばらく俳優活動休止に入った理由について「(同ドラマと)比べると脚本があまりにも下らなさすぎて」と発言。

他の脚本が下らないと活動休止。

さらに芸能リポーター・井上公造に対し「お前ら、俺らで飯食ってるだろ」など不快な感情を露わにする

2003年に税金を滞納するなどしたため、都内の豪邸が差し押さえられていたことが発覚。その際、自宅で張り込みしていた記者たちを恫喝。

借金問題が浮上した時も、集まった報道陣に「あなた方の仕事が信じられない。天罰が落ちることを祈りたい」と罵倒して、さらなる批判を浴びたことがあった岩城。

スタジオに入るや否や「やんちゃジジイっていったら、俺以外に誰がいんのよ」と一言。

ヤンチャな過去と自己破産

覚せい剤取締法違反と銃刀法違反容疑で逮捕の過去

暴走族の前身のようなバイクチーム「クールス」から芸能界入りしたが、デビューして間もなく、覚せい剤取締法違反と銃刀法違反容疑で逮捕された。

家のローン、趣味のバイクレースやスキューバダイビングで5億円近い借金を作ってしまったんだとか。(本人はこの数字について否定)

自己破産寸前にまで追い込まれた。この危機は、世田谷の自宅を競売にかけて、1億6,100万円で落札されたことでなんとか乗り切った

デビュー前は、舘ひろしとともに原宿・表参道を拠点にした硬派バイクチーム「クールス」で副団長をしていた。

クレイジーケンバンドの横山剣がヤクザを怒らせて事務所に連れ込まれた時、岩城滉一が一人で乗り込んで、 話をつけて、無事に横山剣を連れて帰ってきた。

岩城を知るクラブ関係者は「以前は怪しい人と来ていましたが、最近は堅実な実業家みたいな方と一緒です。クラブの支払いは、一緒に来た方ですよ」と言う。

やっぱり反省は必要かも

代理店関係者は「あり得る。契約条項には『不祥事を起こさない』といった項目は普通はある。今回の件は犯罪でもなんでもないが、『不祥事』の解釈はいかようにも取れるものです」と語る。

岩城の場合は逮捕歴など“消せない過去”もありますので、他人への批判が自分に返ってきてしまう恐れもあるのかもしれません

1 2