1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sinan000さん

トルコが方針転換し、イラク系クルド人部隊ペシュメルガがイスラム国と戦うクルド人勢力を支援・合流するために自国内を経由することを承認した

トルコ政府は20日、イラク北部クルド人自治区の治安部隊ペシュメルガ(Peshmerga)が自国を経由し、国境を接するシリア北部の町アインアルアラブ(Ain al-Arab、クルド名:コバニ、Kobane)でイスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」と闘うクルド人部隊に合流することを認めていることを明らかにした。
トルコ政府はこれまで、クルド人部隊が国境を移動することを阻止してきたが、方針を大きく転換し、ペシュメルガが国境を通過するのを支援していることを明らかにした。

米国務省のハーフ副報道官は20日の記者会見で、イラクのクルド人部隊ペシュメルガが過激派「イスラム国」との戦闘のためトルコ経由でシリア入りするのをトルコ政府が認める方針を表明したことを歓迎すると述べた。
イスラム国はトルコ国境に近いシリア北部のクルド人の町アインアルアラブ(クルド名コバニ)を猛攻。米政府は米軍と連携の実績のあるペシュメルガの地上支援により形勢逆転を図る構えだ。

【速報】ペシュメルガ部隊がシリア北部に到着したようです

イラクのクルド人自治区の治安部隊ペシュメルガ(Peshmerga)の戦闘員らが28日、シリア北部の町アインアルアラブ(Ain al-Arab、クルド名:コバニ、Kobane)でイスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」と戦っているクルド人部隊を支援するため、重武装してイラク北部の基地から出発した。

A group of 150 Iraqi Kurdish Peshmerga fighters have arrived in Turkey from where they plan to cross into Syria to battle Islamic State (IS) militants besieging the town of Kobane.

Vサインを見せるペシュメルガ兵(10/29)

その「ペシュメルガ」とはどんな組織?

イラク北部クルド自治政府の治安部隊。クルド語で「死と対峙(たいじ)する者」を意味し、最新式の装備と訓練度の高さから、戦闘力は一国の軍隊に匹敵するとされる。兵力は約22万人で、クルド自治区の治安維持を担う。
クルド独立を目指す戦闘集団として組織され、一時は内戦で分裂。2003年のイラク戦争では米国を支援し、フセイン政権を崩壊に導いた。

クルド人の部隊は現地の言葉でペシュメルガと呼ばれます。「死に向かう者」という意味です。文字通りに死を恐れない勇猛さで知られています。

4万人ほどいたペシュメルガの大部分は、治安総局アサイシに統合されるほか、米軍の訓練をうけてイラク軍師団に再編されることになる。
かつてフセイン政権からムハラビーン(破壊者)と呼ばれたペシュメルガ。いま、このムハラビーンという言葉は武装勢力に対して使われる。
今後、クルド地域内の防衛機構としてのペシュメルガは維持し、洗練された独自軍への転化をクルド自治政府は目指している。

フセイン政権下では政権に対する強力な抵抗組織だったが、その力をある程度維持したまま、治安部隊として転換を果たしているようです。

強い、らしい。

進撃するISISの前に総崩れして一部の兵士が逃げ出したイラク政府軍とは対照的に、クルド人自治区の民兵組織ペシュメルガはしっかり踏みとどまっているようだ。
 彼らは忠誠心も練度も政府軍より上らしい。何よりクルド人の自治拡大という目標に懸ける情熱は、マリキ政権の防衛という任務に対する政府軍のやる気とは比較にもならない。

女性兵士を抱えていることも特徴の一つです

女性兵士を主としたクルド人自治区の民兵組織ペシュメルガ(2nd Peshmerga Battalion)が米軍の空爆による支援を受け、イラク最大のダム、モスルダムを奪還し、スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」に今まで最もひどい打撃を与えた。
クルド人は自治を実現しようとしている。同時に彼らは数多くの兵士、特に女性兵士を抱えている。クルディスタンは女性の部隊への加入を認めた有数のイスラム国の1つだ。女性遊撃隊はクルド人民兵組織ペシュメルガと共に戦っている。

訓練の様子の映像です

アスレチックで遊んでいるようにも見えるとは思っては失礼でしょうか……

イランでのクルド独立運動を描いた小説です。この中でもペシュメルガがイラン・クルドへの援軍として登場します。

1