1. まとめトップ

芸能人じゃないけれど「歯は命」…一生使うためにできる歯や歯茎の予防や健康法は?

死ぬまで自分の歯を保つことを前提となっており、歯の予防も意識して行うことが当然大切ですが、諸外国に比べ日本人はオーラルケアの知識と予防は不足しているそうです。歯の健康を維持するためにも予防やケアの知識は大いに理解し実践すべきでしょう。

更新日: 2016年11月06日

5 お気に入り 5376 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■縄文人と弥生人の混血である日本人は世界的に歯並びが悪い

専門性・特殊性が高い総合治療である矯正治療は、歯学部在籍中の6年間だけでは専門知識の習得が終わらず、卒業後に専門研修を5~10年間受けて経験を重ねる必要がある。こうして、歯科医とは別に矯正歯科医としての技能を積むのだが、残念ながら日本ではこの違いがあまり知られていない。

 日本臨床矯正歯科医会が行った2014年の調査によると、他院で矯正治療中の患者からセカンドオピニオンや転医の相談を受けたことがある歯科医院は、実に61%にものぼる。

 その相談件数のうち、不適切な治療の相談は56%に至る。つまり、歯科矯正において、患者にとって満足のいく治療が行われていないケースが少なくないのだ。

『後悔しない歯科矯正』(小学館101新書)の著者で、医療ジャーナリストの増田美加さんによると、日本の歯科医院は約7万軒だが、このうち矯正歯科を標榜する歯科医は約2万2000人以上で、現状で矯正歯科の専門医は500人未満にすぎないというから驚きだ。

「歯科矯正のために何年も歯科医に通って、歯並びが改善されないどころか、さらに悪化して顎関節症になった事例も報告されています。

 歯科矯正は専門的な知識が必要なのは事実。最初から専門医の受診を受けられなかったとしても、途中からでも通院先を変えて治すこともできます。今の治療に疑問を感じたら、“せっかくここまで続けたのだから”などと思わず、セカンドオピニオンを受けることをおすすめします」(増田さん)

正しい歯科矯正を受ければ、口元が整って見えるだけではなく、顔全体の印象までガラリと変わることが多い。

 星歯科矯正(神奈川県相模原市)院長・星隆夫さんは次のように説明する。

「実は、日本人は世界的に見ても歯並びがよくありません。というのも、日本人はもともと日本にいた体も歯も小さい縄文人と、大陸から来た体も歯も大きい弥生人の混血で、歯並びが悪くなりやすい。そのためあごと歯の大きさのバランスによっては乱杭歯(歯並びががたがたしていること)やすきっ歯になりやすく、出っ歯や受け口も少なくありません」

 骨格の大きな欧米人もそうでない日本人も、歯の数は同じ。欧米人よりあごの狭い日本人は、そもそも歯並びが崩れやすい運命にあるのだ。

■虫歯や歯周病でなぜ「認知症リスク」がより高まるのか?

1:重度の歯周病

軽度の歯周病なら歯医者さんで歯石を取って貰えば終わりますが、重度になってしまうと脳にも影響があるのをご存知でしたか?


<永久歯を失う最大の原因である歯周病は、歯茎で慢性的に炎症が起きている状態です。その炎症で作られるサイトカイン(細胞間の情報伝達を司る物質)は、脳神経細胞に悪影響を与えると考えられています。>

歯周病を防ぐためには歯垢をためない様に毎日の歯磨きが最も大切になります。そして定期的に歯医者さんで歯石を取ってもらうようにしましょう。

2:咀嚼がうまくできない

虫歯や歯が失われたことにより咀嚼がうまくできなくなると、脳の血流が減少してしまいます。


<ものを噛むと、脳の血流が増え、記憶を司る海馬も活性化することが分かっています。>

よく噛んで食べるということは、ダイエットに良いだけでなく脳の刺激にもなり認知症予防にも効果があるんですね。

ですので、ガムを噛むことも認知症予防に有効です。歯科用ガムは市販のガムより硬めに作られていて脳に刺激を与えるのに効果的です。ガムを噛む事でリラックス効果や集中力も回復するのでオススメですよ!

3:満足に噛めず食生活に偏りがでる

認知症と食生活は深い関わりがあると言われていますが、歯が健康でなければ食事もバランス良く食べることができなくなってしまいますよね。


<満足に噛めない人は、当然のことながら何でもバランスよく食べるというわけにはいかなくなります。野菜や豆など認知症のリスクを下げる食べ物が特に苦手になりがちです。ビタミンなどの摂取不足で、認知症になりやすくなっている可能性はあります。>

歯が弱り硬いものが噛めなくなり柔らかいものばかりを食べることで、咀嚼の回数も減ってしまい食事も偏ってしまい、認知症になるリスクが高くなってしまいます。

歯が失われてしまったら、入れ歯やインプラントをしてしっかり咀嚼することができるように歯の環境を整えましょう。

■芸能人の歯 ホワイトニングではなく被せものの場合も

歯のホワイトニングとは、専用の漂白剤で歯の汚れを落とし、歯を白くする方法だ。大きくわけて歯科医で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2種類がある。

 芸能人のような白い歯に憧れる人が増え、ホワイトニングを取り扱う歯科も多い。しかし、昨今、「白くならなかった」「元に戻った」「歯がしみた」などのトラブルも相次ぎ、東京都消費生活総合センターがホワイトニングに対する注意喚起を行っている。

むらおか歯科・矯正歯科クリニックの歯科医、市川玲奈さんが、こうしたトラブルが起きる理由を説明する。

「患者さんと医師の間で、白さの目標が違うとトラブルになりやすいです。芸能人のような歯をイメージされるかたが多いですが、芸能人はホワイトニングではなく、かぶせものをして白くなっていることが多いので、それを知らずにホワイトニングされると、イメージと違うという話になってしまいます」

また、生まれつきの歯の性質によって、白くならない人もいるという。

「若い頃から歯の色がグレーがかっている人に、ホワイトニングは向きません。また、胎児のときにお母さまがテトラサイクリンという抗生物質を摂取した場合、その色が着色しながら歯がつくられるので、ホワイトニングには向いていません。この抗生物質が処方されることは減りましたが、現在も使用されています。こうした説明を充分にしないまま治療しようとする歯科医も決して少なくありません」(市川さん)

 さらに、ホワイトニング治療中に歯や歯茎がしみて痛む、というトラブルも多い。

「薬剤を使うため、ホワイトニングを繰り返すことで、知覚過敏になるリスクがあります。稀ですが、ひどい場合は、神経に炎症を起こして歯が死んでしまうこともあります」(市川さん)

■金属アレルギーや虫歯など差し歯のリスクをどう回避するか

「歯は一生モノ」といわれているが、自分の歯がなくなってしまったときどうすれないいのだろうか? 差し歯について、ご紹介します。

 入れ歯は歯根がなくても作れるが、差し歯は残っている歯根の上に、硬質プラスチックや金属の土台を作り、その上にかぶせものをする。歯根が残っている人は、「差し歯を選択するのが基本」と山形屋歯科坂上委員の坂上俊保さんは言う。

「歯の根っこが残っていれば、歯茎がやせにくい。歯茎を健康に保ち、噛む力を維持するためにも、できるだけ歯は抜かないほうがいいのです」(坂上さん)

 しかし、歯根の状態によっては、入れ歯を勧めることもあるという。

「差し歯は土台となる部分の歯根が虫歯になったり、歯周病になるリスクが高く、あとになって結局抜いてしまうことが多いんです。また、歯根が残っていても、状態がよくない場合は、金属で蓋をして、歯の根は生かしたまま入れ歯で覆うという方法もあります」(坂上さん)

保険診療の差し歯では、金銀パラジウム合金という金属が用いられるが、治療に使用されるそうした金属が、金属アレルギーを引き起こす問題は近年、あちこちで指摘されている。

「金属に直接触れる部分や近接した部分に炎症が起こり、レース模様の白い斑点やかぶれなどができる扁平苔癬という病気も金属アレルギーが原因だといわれています。『がんではないですか?』と患者さんから尋ねられることもあります。手や足に湿疹ができるなど、血液を介して全身に症状が出ることもあります。不安な場合は、事前に金属アレルギーのテストを受けていただいて、それらを含まない素材を使います」(坂上さん)

「時間とともに銀歯と歯の間に隙間ができて、そこに虫歯菌が入り込みやすい。その結果、根元が虫歯になり、抜歯が必要になることが多い」(坂上さん)

保険適用外の自由診療では、強度や審美性を考慮し、選ぶことができる。

「自由診療の差し歯では、内部は金属で表面にセラミックを焼きつけたメタルボンド冠、透明度が高く前歯によく使われるオールセラミック冠、メタルボンド冠の金属の代わりに白色のジルコニアという素材を使ったジルコニア冠があります。金属アレルギーの心配もなく、変色することもありません」(坂上さん)

 安全面でも審美の面でも、自由診療の差し歯が優れていることは一目瞭然だ。しかし、一部の患者には自由診療の差し歯が作れない場合があるという。

「切端咬合という、上下の歯の先端がぶつかり合う噛み合わせの人には、自由診療はお勧めできません。セラミックがすぐに割れてしまうことが目に見えているからです。審美性は劣りますが、割れる心配が少ない保険診療のほうがいいでしょう」(坂上さん)

 さらに、治療費も考えものだ。一部負担金が8000~1万円程度で受けられる保険診療に対し、自由診療では10倍以上の治療費がかかる。

「前歯にも奥歯にも適用できる強度と審美性を持つジルコニアは、当院は12万5000円くらい。しかし、30万円以上する医院もあります。治療費の設定は歯科医の自由ですから、新しく病院をつくったばかりなら借金を返すために高めに治療費を設定することはない話ではありません」(坂上さん)

 差し歯の治療をめぐっては、治療して間もないのに差し歯自体が壊れる、外れる、土台から抜けてしまうといったトラブルも多い。事前に治療内容や、保障期間、料金を確認して、納得する病院を選ぼう。

■歯のホワイトニングは家でできる!4つの方法

■重曹

歯磨き粉の代わりに重曹を使います。重曹に水を少し入れてペーストにしたら、歯ブラシにつけて軽く歯を磨きましょう。歯垢が削れ、つるつるで白い歯になりますよ。

重曹というと掃除で使われるイメージがありますが、炭酸水素ナトリウムという天然成分のため、口に含んでも大丈夫。しかしあまり磨きすぎると、歯を痛める可能性があるため軽く磨いてくださいね。

またコップ一杯の水にティースプーン1杯の重曹を入れて口をすすげば口臭を防ぐことができますよ。

週に2~3回ををめどに重曹を使ってくださいね。

■バナナの皮

いつもバナナを食べている人は残った皮でホワイトニングしましょう。

使うのはまだ緑の部分が残っているバナナ。実は取り除いて皮だけにします。あとはバナナの皮の内側を歯に当ててこするだけ。

バナナの皮の内側にはカリウム、マグネシウム、マンガンなどのミネラルが豊富に含まれていて、歯のエナメル質を白くする効果があります。

■ヨーグルト

普段の歯磨きの前に、ヨーグルトの上澄みの“ホエイ”を使って軽く舌磨きをしましょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には口の中の細菌の増加を抑える働きがあるため、口臭や細菌の歯への付着を防ぐことができますよ。

■専用の歯磨き粉を使う

歯磨き粉には様々な種類があります。その中でも美白用のもの、または知覚過敏用のものを使うようにしましょう。

美白用の歯磨き粉は歯垢の色を分解して色を白くする働きがあります。電動歯ブラシを使ったり、雑に磨いたりすると研磨剤で歯を痛めてしまう場合があるため、歯の並びに沿って、優しく手磨きをしてくださいね。

また知覚過敏用の歯磨きは研磨剤が少ないですが、歯の表面をつるつるにすることができます。日常的に使うことで、歯を傷つけずに白くすることができますよ。

■加齢だけじゃない「歯茎が下がる」意外な原因とは

自分の笑顔は若々しいと、自信を持って言えますか? ほうれい線が深くなり始めると、「ちょっと老けて見えるかも……」と心配になってきますが、実は笑ったときの歯茎が下がっていると、かなり老けて見えてしまうのです。

歯磨きや歯周病も!? 歯茎が下がる原因とは

まず、歯茎が下がってしまう原因は何なのでしょうか? 渡辺先生によると


(1)もともと歯茎が薄い


(2)歯並びが悪い


(3)歯磨きが不十分で、炎症が起きている


(4)歯磨きに力が入りすぎ


といった理由が考えられるそう。(2)に関しては、歯が1本だけ外に飛び出していると、その部分の歯茎が引っ張られて薄くなり、下がりやすくなるそう。


(3)の歯磨きがしっかりできていない人は、歯肉炎(歯茎のはれ)が起きて下がっている可能性も。

矯正やブラッシングで! 下がった歯茎の治療法

では、歯茎が下がってきたらどうすればいいのでしょうか?


(1)もともと歯茎が薄い・・・歯茎の移植


(2)歯並びが悪い・・・矯正治療で飛び出した歯を中に入れる。それでも駄目な場合は歯茎の移植


(3)歯磨きが不十分で、炎症が起きている・・・歯磨きの方法を変える


(4)歯磨きに力が入りすぎ・・・歯磨きの方法を変える


「歯茎の移植!?」と驚いてしまいますが、渡辺先生によると「歯茎が薄くて下がった人には移植手術が行えます。上あごの奥歯の内側は厚いため、その部分を切り取り、やせた歯茎に移植できます」とのこと。しかも「ほとんどの手術は保険診療で行える」そうですから、気になる人は試してみては?

■歯をキレイに保つたった3つの習慣

1 2 3 4