1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

そろそろ考えたい♪「こたつ」があってもお洒落なインテリアをつくるコツ5選

寒い季節に欠かすことの出来ない、日本の冬の風物詩でもある「こたつ」。ただ、おしゃれなインテリアに不向きなのでは・・・とこたつを出すか迷う方も多いのでは?そこで、今年の冬はおしゃれにこたつをインテリアに取り入れて、あったかな冬を過ごしませんか♪

更新日: 2014年12月22日

521 お気に入り 1030129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amasayaさん

そろそろ炬燵(こたつ)の季節・・・

よくこのぐらいの季節になると、「人肌恋しくなる季節やね〜」とか言うけど、うちはこたつとみかんが恋しい pic.twitter.com/PzLg3Vqwlp

こたつは日本の冬の風物詩♪

伝統的な日本の住宅では、機密性の低さから、部屋全体を暖めることより、住人の身体のみを暖める方法が発達しました。

中でも炬燵は、布団を使用するので、その中は機密性が高く、足や下半身、時には全身を暖めるのには有効でした。

日本の冬の風物詩・こたつは、エアコンや床暖房の普及により、近年は販売数の減少が続いていた。

そんな「こたつ」をおしゃれに置きたい

部屋の中にいて、暖房をつけていてもなんとなく寒い。安らげない。 そういう時に是非利用したいのが、「こたつ」です。

こたつを囲んでみんなで鍋をしたり、一緒にテレビを見たり・・。う~ん・・。もはや冬のリビングの主役とも言うべき存在!

ですが、「こたつを部屋の中に置くと、なんだかダサくならない?」という疑念から、なんとなく設置を先延ばしにしている人もいるのではないでしょうか?

こたつはおしゃれなインテリアに不向きだとお考えのあなたに今日はとっておきの、こたつを使ったおしゃれインテリアをご紹介します。

【1】おしゃれなこたつ布団にする

まず、こたつ布団を変えるという方法があります。

なんといってもやぼったい印象にしてしまうのが、カバーです。カバーもできる限りシンプルなのを選びましょう!カーテンの色に合わせたり、部屋の雰囲気にあうものにしましょうね

こたつの布団を工夫するだけで和室、洋室どちらにもぴったりなインテリアが出来あがります。

1 2 3