1. まとめトップ
  2. カラダ

毎日のシャンプーで頭皮ケア【簡単シャンプーマッサージ】

シャンプーと同時に出来る簡単シャンプーマッサージ。毎日の習慣にして頭皮をほぐして健康的な頭皮とツヤ髪になりましょう。

更新日: 2015年09月03日

mimaniさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
761 お気に入り 131205 view
お気に入り追加

▼シャンプーマッサージのメリット

毎回のシャンプー時に、マッサージを取り入れることで頭皮の血行が活性化し抜け毛予防にも効果的。 また、毛穴の汚れもマッサージによってしっかり取り除くことができます。

毎日のシャンプーと同時に出来ちゃうシャンプーマッサージ。
シャンプーしながらなので毎日の習慣にしやすくいです。

▼シャンプマッサージのやり方

①洗う前にブラッシング

シャンプー・マッサージは、頭を洗う前からはじまります。まずはブラッシングをして、髪の絡まりを防ぐようにしましょう。

塗れている時に髪が絡まると大きなダメージに!
また、ブラッシングすることで頭皮や髪の皮脂や汚れを浮き上がらせることができます。

全体をゆっくりと色々な方向からブラッシングしましょう。

②首をリラックス

せっかくキレイに頭皮を洗っても、首の辺りに詰まったままの老廃物が流れ出さなければ髪への栄養も行き渡りにくいのです。右回し、左回しと大きく首を回しましょう。

首が凝り固まっていると効果が半減。
シャンプー前に首の筋肉をほぐすことによって老廃物を排出しやすくします。

③予洗いしながらマッサージ

シャンプー前にお湯で髪の毛を十分に濡らしておくこと。 実は予洗いをしっかりと行うことで、髪の毛に付着した汚れの8割は洗い落とせるといわれています。

熱すぎるお湯は必要な皮脂まで奪われてしまうので、38度くらいがベスト。
指の腹でやさしくマッサージするように頭皮をぬらしていきます。

④シャンプーは手で泡立てる

洗顔するときのように、シャンプー剤を手に取り、手のひらでよく泡立ててから頭皮につけるのがポイントです。

直接頭皮で泡立てると髪が傷む原因になるので、必ず手で泡立ててからのせます。
髪よりも頭皮に泡を付けるようにします。

⑤シャンプーマッサージ

指の腹を前髪の生え際にあて、地肌を中央に寄せていきます。この場所はホルモン系の反射区なので、薄毛予防にもとても効果的。寄せた状態で2秒停止を10回繰り返します。

額の上部、生え際付近に両手指先をセットし、頭皮を引き上げるように頭頂部まで指をスライドさせる。次に、同じ部分を指先で揉むようにほぐしていく。各3回ずつ行う。

生え際に沿って、こめかみ部分も同じようにマッサージする。各3回ずつ行う。

こめかみは目の疲れやストレスがあると硬くなりやすい部分です。
痛みがある場合はしっかりほぐしていきましょう。

前髪の生え際はツボがたくさんあるのでまんべんなく押すと効果的です。

前髪のあたりは紫外線などのダメージも受けやすかったり、皮脂の分泌も多かったりとトラブルが起こりやすい場所。普段のシャンプーでマッサージを意識すると髪のトラブル解消にもつながるかもしれません。

上に向かって小さく円を描くようにランダムに動かしながら
 もみ上げる。下から上まで、頭のでこぼこしている凹凸をもんで
 スムーズにするようなイメージで

実は頭のデコボコは骨ではなく、ストレスからできるもの。
 もみほぐしてストレスフリーな形の良い頭に!

両手の5指を使って頭皮をつかんで離す動作を行います。頭皮をつまみ指先を弾くイメージで行います。

ピアノの鍵盤をたたくように、最後に刺激を与えて頭皮を活性化させます。

⑥すすぎは念入りに

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう