1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

luseataさん

■直感は偶然ではない。

「なんとなく」や「気がする」「気が進む」「~の予感がする」ということは、単なる偶然の出来事ではありません。
経験してきた過去を対象に、脳が一瞬で検索をかけ、その場に適した最もよいであろう選択に脳が反応してくれているのです。

もがき、努力したすべての経験をいわば土壌として、そこからある瞬間、生み出されるものが直感なのだ。

■直感が高まると得られるもの

知りたかった情報がやってくる
合いたい人に偶然出会う
電話、メールが考えていたひとから来る
スケジュールがスムーズに行く

電車、バスの乗りつきがスムーズ

直感は100%間違いないという。なぜなら、それは生命保存に関係しているから。人間が生き延びるために磨かれた「生存の知恵」だという。

■直感の磨き方

⊿多様な価値観を持つ

限定する考え方から脱するのがコツ。

直感を磨くということは、日々の生活のうちにさまざまのことを経験しながら、多様な価値観をもち、幅広い選択を現実的に可能にするということ

考えや価値観の幅が狭いと、直感の判断根拠が乏しいかもしれません。

普段から「こうに決まってる」「ふつうこうだ」などと考えていては、鋭い直感は得られない

⊿日常の判断を早くする

料理を選ぶ時、服を選ぶ時「直感」で選ぶようにしましょう。

はじめは失敗したり後悔することもあるかもしれませんが、繰り返しすることによって、いざという時の「直観力」が磨かれます。

たくさん経験を積むというのは、これからをよりよく生きるために活用できる知恵を磨く、大切なことなのです。

⊿リラックスできる時間をもつ

スマホやパソコンに触らず、何もしないぼーっとした時間を作ってみよう。
情報を入れない時間がもたらすものは計り知れないのです。

1日1回は何も考えず、リラックスできる時間をもつ。ヨガや瞑想など利用してもいいでしょう

シャワーを浴びているときに限って、最高のアイデアがひらめくのはどうしてなんだろう? (アルベルト・アインシュタイン)

偉業を成し遂げる人たちは、実業家もスポーツ選手も、芸術家も政治家も、みんな<直感>を頼りにし、利用しています。

リラックスすると、今時分の置かれている状況を客観的に眺めることができるので、直感も冴えてきます。

米国の優良企業の重役達・・・問題が複雑すぎて合理的な思考では解決できないとき、重役達は例外なく直感に頼っている

⊿自分を愛する

自分自身の感覚を大事に生きてみよう。

自分を愛せない人がなぜ直感を受け取れないかというと、“自分を信頼できていない=直感を信頼していない”

直感を信じると、ぴんときた感覚を大事にして、自分に素直な行動ができるようになります。

⊿インプット以上にアウトプットをする

1 2