1. まとめトップ

寒くて起きれない・・。JRの乗務員も愛用”おこし太郎”なら絶対目が覚める!?

どんどん朝の気温が下がってきて、朝起きるのがおっくうですよね。。そんなあなたも、JRの乗務員さんも使っている”おこし太郎”を使えば絶対起きることができる!

更新日: 2015年01月02日

2 お気に入り 13390 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ 寒い朝は布団から出られない。。

▼ そんなあなたに”おこし太郎”

とても目覚ましには見えない。。

JRの乗務員宿泊施設など絶対に寝坊が許されない場所で
利用する静音かつ超強力な目覚まし

JR東日本の現業機関で実際に使用されている
「目覚まし装置」を市販したもの

これは効果がありそうですね。値段は、、

▼ 現在は名前を”定刻起床装置 「やすらぎ100」”と変えて販売中

体の下に引いた空気袋を膨らませる。それだけの物理目覚まし。

最大まで膨らんだ後は空気が抜けて、再び膨らむを繰り返して本気で起こしにきます。

目覚まし時計とのコンボはイライラしそうww

▼ 使用方法など

本当は腰ではなく、肩の場所にセットするらしいです。

スイッチを止めるまで空気袋が膨張⇔収縮を繰り返します。(約9秒間隔)最大に膨張したときには上半身が弓なりに。こうなるとどうしても目が覚めてしまうという強力な装置です。

市販の目覚まし時計と違ってアラーム音が鳴らないため、深夜や早朝などに近くで寝ている人の睡眠を邪魔せずに起きることができます。
音を使わず、身体を持ち上げて起こすため、聴覚障害のある方にもお使いいただけます。

▼ 配送の段ボールが怪しさ満点w

ちょっと中身が気になる魅力がありますね。。

1