1. まとめトップ

[Illustrator] 本には載っていない!プロのデザイナーが現場で使うテクニック集

イラストレーターで実際に現場で使っているテクニックを集めました。できそうでやり方が分からない、知っていれば一手間でできてしまう、そんな小技を集めたテクニカルTIPSです。本には載っていないものが多く実用度大です。長いチュートリアルを読み込むよりエッセンスを学びとろう。

更新日: 2018年12月03日

405 お気に入り 432408 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ikuesさん

使い勝手のよいストライプ・ドットのパターン (スウォッチに図形)

スウォッチに図形を最小単位で登録して、変形の回転でパターンのみ回転するのがスマート。
http://scaleslaw.com/illustrator-qa/vius/

●スウォッチパネルからドラッグでパターンを出し、色を塗り変え、またスウォッチパネルに入れ直す方法
●「カラーを編集-オブジェクトを再配色」機能を使う方法(CS3から)
http://suzukimemo.com/post-33/

パターンの柄がズレないようにする

「Illustraterメニュー」→「環境設定」→「一般」で「環境設定」画面が開いたら、「パターンも変形する」にチェックをいれます。
http://scaleslaw.com/illustrator-qa/patternzure/

端を見て柄を合わせようとすると大変。でもど真ん中だけを見ると簡単
http://suzukimemo.com/post-93/

線を使いこなす

ブラシを使う

夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
http://designers-tips.com/archives/21027

シンボルを使いこなす

パスのメニューで図形を変形する (パスの変形・パスのオフセット)

Step05〜Step07でテープが完成。
「効果>パスの変形>ジグザグ」
http://designers-tips.com/archives/2170

上のストライプやドットのパターンで塗りに柄を設定すれば、好みの柄に。

1 2 3 4 5 6 7 8