1. まとめトップ

夢リストとは

あなたは夢リストと言う言葉をご存知だろうか。

人は誰しも夢を持っている物である。

その持っている夢を書き出した世界に一つしかない自分だけのリストを人は夢リストと呼ぶ。

何故夢リストを書くのか

常に夢を意識するため。

0.書けるものから書いていく

最初のうちは「夢を考える」というよりも、「すでに自分の中にあった夢」を整理して書き出す、という作業が中心でした。

書き方

1. 自分の固定観念を捨てる

出来る出来ないを自分で決めてしまっては自分の可能性を狭めるだけ。これから人生200年あるろいう気概で夢を書き出していこう。とりあえず100個
夢は思いついたらメモするように心がけよう。また有形の物は実際に実物に触れて感じて見ると得たいという情熱がわく。

2. 有形の物、無形の物分けてみる

夢は有形の物、無形の物に分けられる。例えば「物が欲しい」というのは有形。「愛情が欲しい」「名声が欲しい」などは無形の物。これらを分けて整理していくと見やすい夢リストが出来上がるだろう。

3. 見える化する

実際に書いて写真を貼っていくと自分の中でイメージが膨らんでいく。

最後に

人間のテンションは48時間で落ちてしまう。なので常に自分を奮い立たせることが大切。なのでノートにまとめて見える化し、一日一回は見るように心がけよう。写真を貼ると見るのが楽しくなる。

1