1. まとめトップ

【O型のオモテとウラ】O型と相性の良い血液型♡

よく知られている「オモテ性格」とその裏に隠されている「ウラ性格」、血液型がわかれば人間関係を円滑にするきっかけに!

更新日: 2016年06月27日

54 お気に入り 86511 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

poncho-msさん

O型は実は自己チューで頑固者!?

O型といえば、「大らか」「大ざっぱ」といったイメージがあります。でも、実際はどうなの?

今回は、O型のオモテとウラをのぞいてみました!

O型のオモテ面

【一般的なO型イメージ】
・大らかで調子がいい
・世話好きなお人好し
・ロマンティックな恋人になる

O型のオモテ面は、ザ・いい人。

人と調子を合わせるのがうまく、たいていのことは「まっいっか」で済ませてしまう、大らかさが愛されるタイプです。

また、世話好きで、困っている人を見過ごしにしない、お人好し度もピカイチなよう。

意外と責任感が強いので、やりかけたことは最後までやり遂げる根性も見せるでしょう。
ただし、詰めが甘いため、かえって迷惑をかけたりすることも。

恋愛では、ロマンティックな演出で相手を喜ばせることが大好きです。

O型のウラ面

【隠されたO型の裏事情】
・自分中心的でガンコ
・正義感が強い
・関係が安定すると別人になる

実はO型は、自分主義で非常にガンコ。

調子よく大きな態度で振る舞うのは、表面的に同調しているだけのこと。

O型の「そうだよね~」は、「そういう考えもあるよね。私は違うけど」という意味です。

世話焼きなのは、正義感の強さから。
でも、「自分が救ってあげなくては」と、上から目線で善意のゴリ押しするのはいかがなもの?

恋愛では関係が安定してくると、可愛げをかなぐり捨て、恋人をガッカリさせる常習犯です。

O型の表裏には、ボケとツッコミを使いこなす、現実認識能力に優れたマルチタレントぶりが垣間見られるようです!

大らかで、いかにも人がよさそうなオモテ面と、自分の都合のいいように物ごとを運ぶ、したたかなウラ面。

O型のコミュ力スキル

オープンで親しみやすいと評判のO型。大ざっぱでときどきデリカシーに欠けるけど、O型のポジティブな存在感に救われている人も多いはず。そんな人気者・O型のコミュ力とは、一体どんなもの?

コミュ力(コミュニケーション能力)

フレンドリーな負けず嫌い 仲よくなるとお山の大将に変身!

・自分の立ち位置に敏感
 ・おおらか、大ざっぱ、大づかみな対応
 ・自我が強く、負けず嫌い

O型の対人傾向……フレンドリーな負けず嫌い

O型の基本スタンスはフレンドリー。

社交性が高く、持ち前の大らかさで人を惹きつけるタイプです。

一方で、O型には自分の立ち位置に敏感なところが。
グループの中で自分はどんなポジションにいるのか、
力関係をつねに気にする、負けず嫌いな一面があります。

また、頭を押さえられるのを嫌い、必要以上に自己主張することもあるでしょう。
とはいえ、頼られたら全力で応えようとする優しさは、O型ならではの魅力といえそう。

初対面では……インパクトで勝負

自分のポジションを有利にすべく、初対面では自己アピールに気合いが入るタイプ。

愛想の良さ、礼儀正しさ、目力など、いつもの五割増しで、ある意味、別人になりそう。
とはいえ、そのテンションのまま突っ走るようなことはなく、
挨拶を交わした後は、借りてきたネコのように大人しくなるパターン。

そうして、相手が自分の味方か、あるいは、利用できる相手かどうかを静かに見極めるのです。

仲よくなると……面倒見のいい、お山の大将に変身

この相手は信用できると思うと、仲間意識を全開にして、腹を割ったつきあいをしようとします。

感情をストレートに表現し、水くさいことを嫌うでしょう。

また、お山の大将的な気質も顔を出し、何かと場を仕切ったり、
リーダー然と振る舞うことが多くなります。

O型はよく面倒見がいいと評されますが、これは、自分のほうが上とどこかで思っているから。
子分の世話を引き受ける感覚なのです。

仲間には自分のことを後回しにしてでも尽くそうとする、人情味あふれるO型。

欠点や失敗を見逃してあげる大らかさと、わかりやすい感情表現が支持を集める、庶民的なコミュ力の持ち主といえるでしょう。課題は、人間関係に勝負を持ち出しやすい点。負けず嫌いをなんとかしないと、「昨日の友は今日の敵」になりかねませんよ。

O型の限界のサイン

逆ギレ、放心、現実逃避……。人は追い詰められたとき、普段とは別の顔を見せるものですよね。今回は、ギリギリの状況下で、どのような変貌を遂げるかを血液型別にご紹介。「限界のサイン」として覚えておけば、限界を超えて頑張ってしまうのを防げたり、周囲に手を差し伸べるタイミングがわかったりするので便利です。

「無理」を連発!ネガティブの泉と化す!

自信家で負けず嫌いなO型は、人に弱みを見せるのが大嫌い。

ときにはハッタリをかましてでも、自分の優位性を示そうとするタイプです。

しかし、重圧下にいるときは、態度が一変。
「無理だから」「できっこない」といった弱音を連発。挙げ句の果ては、
「あなたもやめたほうがいいよ」など、
関係ない人までネガティブワールドに引き込んだりするでしょう。
このような状態のO型に下手に近づくとキケンです。

毒気に当てられないよう距離をとりつつ、「O型ならできるよ」とおだてるのが、賢い対処の仕方でしょう。

そんな、O型と相性の良い血液型

気になる男性や恋人など、血液型相性の傾向を知ることにより、トラブルを改善し、片思いから恋愛成就することもできるのです!

恋愛でうまくいかないことがあると、「相手が変わってくれれば……」と思いがちですが、人を変えることはできません。

おおらかで人間関係を大切にするといわれるO型なら、お付き合いもうまくいくはず!と思われがち。しかし、恋愛においては、そう簡単にはいかないものです。

相手にあわせて臨機応変に対応することで、ふたりの未来がひらけていくはずです。

O型×A型

小さなことにこだわらない楽天的なO型と、気配り上手なA型。困ったときはさりげなくフォローしてくれるA型に、O型はどんどん惹かれていくでしょう。

「相手がこんなにしてくれるんだから、自分も何かしなければ!」と、O型はA型のために楽しいデートプランや特別な誕生日プレゼントを考えるはず。

すぐに相思相愛になる2人ですが、お付き合いが長くなると、O型が「それぐらいやってもらって当然」という態度をとるようになりがち。

すると、我慢強いA型もキレてしまい、ケンカが長期戦に。結婚しても、感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

O型×B型

開放的なO型と、好奇心旺盛でポジティブなB型の相性は抜群!一緒にいると楽しく、前向きなパワーにあふれてくるでしょう。

O型は裏表のないB型といると自然体でいられるし、B型も包容力のあるO型といることで気持ちが安定します。

2人が末永く愛情を保つためには、B型の自由を束縛したり、価値観を押しつけたりしないこと。

依存しない適度な距離を保ちながら、付き合うのがベストです。結婚後も、自分らしさを失わない幸せなカップルになれるでしょう。

O型×O型

1 2