1. まとめトップ

【AB型のオモテとウラ】AB型と相性の良い血液型♡

よく知られている「オモテ性格」とその裏に隠されている「ウラ性格」、血液型がわかれば人間関係を円滑にするきっかけに!

更新日: 2016年06月27日

38 お気に入り 75272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

poncho-msさん

AB型は実は心優しいヒューマニスト!?

AB型といえば、「ドライ」「スマート」といったイメージがあります。でも、実際はどうなの?

今回は、AB型のオモテとウラをのぞいてみました!

AB型のオモテ面

【一般的なAB型イメージ】
・批判精神旺盛でドライ
・有能なマルチ人間
・出世欲が薄く、プライベート命

AB型のオモテ面は、「ザ・クール」。

物ごとを批判的に見る冷めた目と、温度の低い対応が目立つタイプです。

感情的な暑苦しい関係が苦手で、熱血な人たちとは相容れません。
極力関わらないようにしているでしょう。

職場では、A型的緻密さとB型的発想力を兼ね備えているため、何ごともソツなくこなす有能さを見せていそう。将来を嘱望され、エリートコースに乗る人も少なくないはずです。とはいえ、企業戦士には決してならず、プライベートは死守するでしょう。

AB型のウラ面

【隠されたAB型の裏事情】
・心優しいヒューマニスト
・器用貧乏になりやすい
・マニアックかつ、メルヘンチックな傾向も

AB型は、「博愛精神の持ち主」です。

その証拠に、AB型は奉仕活動に携わることが多く、困っている人の役に立ちたがります。
そうした優しさが災いして、苦境に陥ることがあるほどです。

有能ではあっても、なんだかんだと器用貧乏に終わってしまうのは、人助けが多いせいかも。

プライベートでは、メルヘンチックな趣味を炸裂させたり、マニアックな世界を築き上げたり。

とても人間くさいタイプなのです。

とっつきにくいほどクールなオモテ面と、ツッコミどころ満載でホットなウラ面。

「よくわからない人」と言われつつAB型が愛される秘訣は、そんなユニークかつ、ツンデレな生き方にあるようです。

AB型のコミュ力スキル

とりたてて自己主張するほうではないのに、なぜか自分の思いを通すのが得意なAB型。こうしたい、ああしたいがすんなり叶ってしまう、摩訶不思議なAB型のコミュ力とは、一体どんなもの?

コミュ力(コミュニケーション能力)

クールが身上!ポーカーフェースでこの世を渡る

・ベタベタは苦手、サラッとが得意
 ・テンションは低め、あくまでもクール
 ・合わせ上手だが、ときに毒舌

AB型の対人傾向……つかず離れず、スマートにいきたい!

クール&ドライがAB型の基本スタンス。

人には必要以上に踏み込んでほしくないし、腹の割った付き合いなど、
したくもないというタイプです。

本音をなかなか明かさないので、「冷たい」と言われることも。

人前では控えめにポーカーフェースで通すのが常でしょう。
とはいえ、必要なときはズバッと的確な発言をしたり、猛毒級の嫌味を吐いたりして、存在感を示したり。

感情的な人間が苦手で、そういう人をできるだけ遠ざけるのも特徴です。

初対面では……すました顔で、裏ではチェックの嵐!

A型のにこやかさとB型の無愛想がせめぎあって、結果、おすましキャラになるパターン。

別に計算しているわけではないので、あざとい感じや無礼な印象はほとんど与えません。
初対面で嫌われたりはしないでしょう。

自己紹介の内容はミニマム。
「よろしくお願いします」と挨拶しつつ、肝心の名前を名乗らなかったりも。また、見ていないようで、相手を鋭く観察するところがあるでしょう。

仲よくなると……自分のテリトリーの境界線はキープ!

仲よくなっても、ぶっちゃけトークに花を咲かせたりしないのがAB型流。

親しき仲にも“超えてほしくない境界線あり”なのです。

ちなみにAB型には客観性からくる博愛精神があり、万人に公正な態度をとるところが。
仲よしだからといって特別えこひいきせず、かばい立てすることもありません。
それが原因で友情にヒビが入ることも。

相手が同じようなタイプなら、淡々と付き合っていけるでしょう。

情より理が勝るAB型。

客観的な視点と洞察力に裏打ちされたコメント力を持ち、つかず離れずの距離感でグループ内に独自の地位を築いているでしょう。ハイレベルなコミュ力の持ち主ですが、課題は共感性に乏しい点。あなた自身、孤独に苦しむことがあるのでは? ときにはあなたから歩み寄るなど、親しみを見せていくといいでしょう。

AB型の限界のサイン

逆ギレ、放心、現実逃避……。人は追い詰められたとき、普段とは別の顔を見せるものですよね。今回は、ギリギリの状況下で、どのような変貌を遂げるかを血液型別にご紹介。「限界のサイン」として覚えておけば、限界を超えて頑張ってしまうのを防げたり、周囲に手を差し伸べるタイミングがわかったりするので便利です。

NR(ノーリターン)で姿をくらます!

繊細かつクールなAB型は、「石にかじりついてでも」といった根性論が苦手なタイプ。

少しでもプレッシャーにさらされると、まず逃げることを考えるでしょう。

たとえば、面倒な仕事を任されとき。
あるいは、お局から妙な言いがかりをつけられたとき。

AB型は、ホワイトボードに「NR(ノーリターン)」とだけ書いて、姿をくらましてしまいます。
一生懸命頑張ろうという意識が希薄なため、限界のかなり手前で見切りをつけるのです。
現場がカオス化しようが、お構いなし。
新天地に居場所を見つけるでしょう。

そんな、AB型と相性の良い血液型

日本でもその割合は10%ほどといわれています。世界的に見てもとても少ないため、ミステリアスな印象があるAB型。

進化の過程で生まれた一番新しい血液型だからこそ、新しい可能性を秘めているともいえるでしょう。

AB型×A型

AB型は、「こうあるべき」にこだわるA型を理解することができるし、「もっと肩の力をぬいてもいいんだよ」とやさしく手を差し伸べることもできるでしょう。

心配性なA型も、自分の気持ちをちゃんと聞いてくれるAB型に誠実さを感じます。すぐに急接近する2人ですが、AB型があまのじゃくな態度を見せると、危険信号。好意を見せたあと、急に冷たくするなどツンデレな面があるため、真っ正直なA型が不安になってしまうのです。

相性がいい組み合わせですから、AB型が一貫して愛情を示していけば、固い絆で結ばれたパートナーになれるはずです。

AB型×B型

二面性のあるAB型だからこそ、多角的に物ごとを見る力があります。

個性的でやや自分勝手とも思えるB型の行動も、楽しく見守ることができるはず。そのため、B型は居心地がよく、AB型に好意を抱くようになります。

しかし、恋愛成就しそうになると、AB型の慎重さが顔を出し、「もう少し様子をみてから……」と、一歩引いてしまいがち。タイミングが悪いと、恋人に発展しないこともありそう。

回りくどいことが嫌いなB型なので、好きならば思いきって飛びこんでみるのが幸せのカギ。結婚の相性もいいので、ストレートに気持ちを伝える勇気を。

AB型×O型

感受性は強いけれど、冷静でクールな面を合わせもつAB型。

純粋で隠しごとのできないO型に対して、信頼を抱くようになるでしょう。愛する気持ちをはっきり伝えてくれるので、わかりやすく安心できるのです。

しかし、AB型の繊細な心の内まで、どんどん入りこんでくるようになると嫌気がさしてきます。つい批判的な言葉を投げつけ、O型のプライドを傷つけると修復不可能な結果に……。

結婚後、人付き合いを大切にするO型は自分の家族や会社の仲間とのつきあいを優先しがち。個人主義のAB型とどう折り合いをつけるかが夫婦円満の秘けつとなるでしょう。

1 2