出典 ja.wikipedia.org

ペロブスカイト構造 とは

ペロブスカイト構造とは、結晶構造の一種である。

鉱石である「ペロブスカイト(灰チタン石)」と同じ結晶構造をペロブスカイト構造と呼ぶ。

例えば、BaTiO3(チタン酸バリウム)のように、RMO3 という3元系から成る遷移金属酸化物などが、この結晶構造をとる。

この情報が含まれているまとめはこちら

ペロブスカイト太陽電池 日本発の「新型太陽電池」の実用化 に期待できそう。

メガソーラーや住宅用ソーラーパネルで活用されている『シリコン太陽電池』。誕生以来60年以上が経過しており、世界的に普及が進むなか、日本の研究者が新たに開発した新型太陽電池が注目を集めている。圧倒的に低コストで作製できる可能性を秘めている、新型太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」

このまとめを見る