出典 www.greensurvey.jp

ペロブスカイト系太陽電池 効率は上昇

ペロブスカイト系太陽電池は、2009年に、桐蔭横浜大学の宮坂教授が発表しました。

オックスフォード大学のSam Stranksは、今後2、3年で20-30%まで効率を高めることが可能と言っています。

既にアモルファス太陽電池よりも効率が高く、製造コストも低下可能です。今後の実用化・普及が期待されます。
.

この情報が含まれているまとめはこちら

ペロブスカイト太陽電池 日本発の「新型太陽電池」の実用化 に期待できそう。

メガソーラーや住宅用ソーラーパネルで活用されている『シリコン太陽電池』。誕生以来60年以上が経過しており、世界的に普及が進むなか、日本の研究者が新たに開発した新型太陽電池が注目を集めている。圧倒的に低コストで作製できる可能性を秘めている、新型太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」

このまとめを見る