1. まとめトップ
  2. カラダ

あの人こっち見てる?人の視線が気になる人への7つの処方箋

人の目線が気になってしょうがない時がありますよね?視線恐怖症を克服する7つの方法を教えます。

更新日: 2014年11月25日

ootayurinaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
102 お気に入り 38279 view
お気に入り追加

視線恐怖に悩まされている人は結構多い

常に誰かの視線を感じて、その視線が恐怖へと変わるこの病気はとても怖いものです。治すには、廻りの力が必要になります。

家にいると孤独感に耐えられず、外に出ると視線恐怖と劣等感に耐えられません。

なんで人の目線が気になるの?

誰でも多少は他人の視線が気になったするが、必要以上に気にし過ぎてしまうのは、自己肯定感が希薄で、自分に自信が持てないことが原因

自信のなさゆえに、他人の目線がきになる

人から見られているのではないかと感じた時に、自分のみすぼらしさや、見栄えの悪さなどの劣等感や自信のなさのために、相手から自分が変に思われているとか、嫌われていると感じてしまう

過去のトラウマや劣等感や虐待や人間関係のトラブルにより誤った自己暗示を自分にしてしまったことが原因

辛い経験から、人はいつでも自分を監視し嘲笑っているなど、まちがった考えに「とらわれて」しまっている状態にいるのが他者視線恐怖症の特徴。

脳の防衛反応

「動物にとって他者から凝視されることは、敵や獲物として攻撃を受ける可能性を意味しています。身を守るためには、その合図を見逃すわけにはいきません。確信がないにもかかわらず見られている感覚に陥るのは、周囲の脅威から身を守ろうと脳が働いているからだと考えられます」とのこと

視線恐怖症を克服する7つの方法

①不安や恐れを排除しない

人の目線が気になっても、それを受け入れる。
気になってもいいのです。
「考えちゃダメだ」と気持ちを否定するほど、視線が気になります

②人とすれ違ったら、ちらっとその人の目を見る。
そして、自分のことを見ていないことを確認する。
これを何度も繰り返しおこなう。

実際に、見て現実を確かめてみる。
本当に自分の事をみているのか?
自分の目で確かめるのが大事。

③他人の評価を気にしない

他人の思っていることなんて、わからないもの。
自分がどう思われているかなんて、考えたって正解は見つからない。
相手にしかわからないこと。
想像するだけ時間の無駄。

④自分と他者の違いを認めると楽になる

相手を見る眼差しは、人によって違うということを知る。
何を考えて、どう見てるかは、人によって違うのだ。
なので、こう見られてると予想するのは馬鹿げたこと。

⑤コンプレックスを解消すること

コンプレックスを、自分の中でどう受けとめ、どう消化するかが大事。

⑥視線が怖いと思ったら、その視線に対して怖さをなくすには、優しい眼差しで相手を見る。

優しい表情になると、脳に危険じゃないという信号がおくられ、恐怖心も和らぐ。

⑦早めの精神科受診が重要

自分でどうにもならないと感じた時には、とても大事な事。
専門家に頼るのが一番の克服の近道。
視線恐怖症は、神経症や不安症の一種なので、薬物治療や心理療法が治療法の主流だ。

1





心理学のまとめを書いていきます。
性格心理学が多いです。