1. まとめトップ

高校生が全て手作りで作り上げた電車が本格的すぎて凄い。その名も「川工電鉄」

川越工業高校の高校生が5年がかりで、手作りの電車を完成させた。

更新日: 2014年12月07日

otoku0101さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 7517 view
お気に入り追加

手作りで本格的な電車を完成させた

埼玉県立川越工業高校(川越市)電気科の3年生13人が完成させた。

この電車製作は、5年前から取り組み、毎年引き継いで改良を重ねて作り上げてきたもの

生徒の運転手と車掌、客20人を乗せることができ、学校内に敷いた長さ約60メートルの線路上を、カタンコトンと軽快な音をたてて走る。

「TJライナー」は、平成20年6月14日の東武東上線のダイヤ改正に合わせて運転開始された座席定員制列車の愛称です。

使える部品は、何でも使って作成した。

シートは西武鉄道から贈られた特急レッドアローの中古品

実際に学校の文化祭で電車を走らせた。

実際に乗った人からは、絶賛の声

校内にはちゃんと踏切もあります。表示は快速急行飯能行きw@川越工業高校文化祭 #kawagoe #川越 pic.twitter.com/qXLlXyDDHy

“@oomatipalk: 川越工業高校の「電車」に乗ってきました レールこそ板鋼材で少し残念でしたが、架線給電で走る立派な電車でした 線路のある学校、すばらしい! pic.twitter.com/ALv4pIY5D0” つよい

完成までの作業過程が凄すぎるww

これからは10月下旬の文化祭の走行に向けて、電車を完成させて行きます。 その製作過程をこのアカウントを通して皆様にお知らせしたいと考えています。 応援よろしくお願い致します。 pic.twitter.com/qqBVolhqFN

パンタグラフ班は難しい構造の為、試作を作るのも大変でしたが、ようやく本格的にパンタ制作に入りました。 今日は炎天下の中、長時間作業したのでとても疲れました。 明日も朝早くから作業があるので、睡眠をしっかり取りたいと思います。 pic.twitter.com/8MYIZMjP0K

ダメ!!のところ是非見たかったですww

土曜日の作業を紹介します。 支柱と台車班は連携してレールを出し、台車は3号車の走行試験及びたわみ板の試作機の走行試験をしました。 しかし走行中たわみ板がフレームとぶつかり、壊れてしまい、大変危険でした。 原因を早急に見つけ対策します。 pic.twitter.com/Lle2BDNfYO

様々な問題を乗り越えていったんですね。

イスの取付工事は今度の作業で終了しそうな見込みとなっています!ひとつひとつ合わせながら作業をしているので時間がかかってしまっています… pic.twitter.com/q0fg6Y3X4q

何気なく配置されているイスも、1つずつ時間をかけて作成されてるんですもんね。すごい。

架線柱は6基全部完成しました!端になる部分は補強を入れてひしゃげないようになっています。去年のとはまったく違うモデルとなっており強度が上がっています! pic.twitter.com/Jd1aAoHQTN

架線まで作るのかww

そして最後に、電車の制御配線です。 安全第一で回路を考えていきます。 ここでは授業で習ったインターロック回路等が大きく役立っています。 pic.twitter.com/0lDnn9Gczf

何がどうなってるか全然わかりませんww

こんばんは! 先程作業が終わりました笑 夜遅くまで作業して、文化祭にて完璧な走行を実現できるよう頑張ります! さて、今日は文化祭に向けて、大きな進歩がありました。 まずは、鉄道にはかかせないレールを文化祭に向けて設置しました。 pic.twitter.com/f9pLg43bgk

校舎に沿って、レールが設置されてるんですね。

1つ1つチェックしながら、作業しているんですね。本当凄すぎる。

先ほど作業終了しました… 終電で帰ります… 文化祭は25.26日ですので是非いらしてください! pic.twitter.com/HGKedaKgUK

終電までって・・・本当にお疲れ様でした。

1 2





otoku0101さん

話題のニュースをまとめていきます。