1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

JPY1995さん

最近のニュース

BPOとは?

Broadcasting Ethics & Program Improvement Organizationの頭文字をとったもの。日本語に訳すと「放送倫理・番組向上機構」である。

実際に何をしているの?

BPOには放送倫理検証委員会、青少年委員会、放送人権委員会の3つで構成されています。

放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関です。

主に、視聴者などから問題があると指摘された番組・放送を検証して、放送界全体、あるいは特定の局に意見や見解を伝え、一般にも公表し、放送界の自律と放送の質の向上を促します。

1.放送倫理検証委員会

平成19年(2007)に発覚したテレビの健康情報番組でのデータ捏造問題をきっかけに、有識者と放送事業者が合同で協議していた放送番組委員会に代わって、有識者のみで構成される放送倫理検証委員会が設置されました。

放送番組の倫理・質を向上させるため、取材や制作のあり方や番組の内容に関する問題について審議する。

出典デジタル大辞泉

不適切な番組が放送された場合は勧告・見解を公表し、放送事業者に再発防止策の提出を求める。

出典デジタル大辞泉

2.青少年委員会

2000年に設置された、放送が青少年に与える影響やかかわり方などを視聴者から寄せられた意見・苦情などに基づき審議することなどを通して、青少年が視聴する放送番組の向上を目指す委員会。

審議結果を「見解」、「提言」、「声明」などにまとめて公表、放送局に対して回答を要請したり、改善を求める。

3.放送人権委員会

1997年に設置、放送番組によって名誉やプライバシーなどの人格権を侵害された個人及び団体を、無料で救済するための委員会。

放送によって権利を侵害されたと考える当事者からの「申立て」に基づき審理、権利侵害の有無や放送倫理上の問題の有無を判断する。

判断結果は、「見解」または「勧告」としてまとめられ、申立て人と当該放送局に通知された後に公表、委員会の「見解」「勧告」は広く一般に周知されるよう、当該放送局で放送することが義務付けられている。

1