認知療法・認知行動療法は、近年発達してきた情報処理モデルないしは認知モデルを基盤にした治療法です。
つまり、私たちは、自分が置かれている状況を絶えず主観的に判断し続けているのですが、通常は半ば自動的にそして適応的に行われています。
しかし、強いストレスを受けるなど特別な状況下ではその判断に偏りが生じ、非適応的な反応を示すようになってきます。その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が引き起こされ、さらに認知の歪みが強くなるという悪循環が生じることになります。

出典http://jact.umin.jp/pdf/cognitive_medical.pdf

認知の歪みがうつ病の原因であり、それを治すのが認知行動療法です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

うつ病に薬が効かない事もある!?【認知行動療法がうつ病に効く理由】

認知行動療法とは、認知の歪みを修正し、悩みを持った人が生きやすくなる療法です。

このまとめを見る