セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は、送り手側の神経細胞の末端から受け手側の神経細胞の末端に、単純に送り出されているのではありません。シナプスには受け手側で受け取られなかった神経伝達物質を、もう1度送り手側に戻すシステム(再取り込み)があり、送り手の神経細胞にもその受容体があります。
SNRIは、この再取り込みの受容体をふさいで再取り込みの機能を下げて、シナプス間隙に神経伝達物質を増やそうとします。

出典うつ病を知る・抗うつ薬のはたらきとは?|うつ病について知る|うつ病 こころとからだ

抗うつ薬は気分を変える薬ではなく、脳内神経伝達物質の動きに何らかの働きかけをするものです。
実際、症状の原因を特定する事が難しいうつ病は、薬の種類を変えて効果があるのかを判断する方法になってしまいます。
その状態には個人差が大きく出ます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

うつ病に薬が効かない事もある!?【認知行動療法がうつ病に効く理由】

認知行動療法とは、認知の歪みを修正し、悩みを持った人が生きやすくなる療法です。

このまとめを見る