1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ぼくも「レディースランチ」が食べてみたい

最も身近な男子禁制の花園…「レディースランチ」。あのキラキラしたメニューは、男が注文しても許されるものなのでしょうか?

更新日: 2014年10月26日

37 お気に入り 50755 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

えび天国さん

レディースランチ…おいしそう

野菜多め、品数いっぱいで、デザートや果物まで付いているイメージのある、「レディースランチ」

レディースランチは、飲食店における女性向けのランチメニュー。

一般に女性が気に入る店は話題になりやすく、繁盛する傾向にある。レディースランチやレディースデーなど女性向けのサービスが多いのはそのためだ。

女性に気に入られようとキラキラと盛り付けてあるから、おいしそう。食欲があまりなくて、量を求めていない日はくらっとくる。

レディースランチとか「男性もどうぞ」もあるけど、こういう飲み会コースも行けるんだろうか。オッサンだけど。

同期が「男性でレディースランチ頼むのはダメですか?」と訊いて了承を得てから「ご飯は大盛りにできますか?」と重ねてそれもオーダーが通ったのを見て、変わった注文をするなと思っていた

いや。同期の方、天才だと思いますよ。

このメニュー名が、俺たちを惑わせる

レディースランチ、男性も注文できますって書いてあってもきっと頼みづらいよねぇ。

ねぇ。

でも、ただの「レディースランチ」だけだと可能性を感じて動揺してしまう。

レディースランチは店によって男性が注文できたり、できなかったりしますよね?あれって何でなんでしょうか?

レディースランチを男性が注文する事はおかしいですか?内容次第では自分も食べてみたい気分にさせられます。

レディースランチ 980円 ※男性のお客様でもご注文いただけます _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_ > ※男性のお客様でもご注文いただけます! <  ̄人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 ̄ pic.twitter.com/sQAOPnB26N

もう意味が分からない。

レディースランチの存在はマーケティング上の都合

男性はいくら満足度が高いサービスでも他人に宣伝しない。だから「男性限定サービス」は少ないし、失敗例も多い

男性は女性ほど連れだって入店せず、むしろ単独行動が多い。そして一人で行動を完結させてしまうことが多いのです。商売する側としては女性をターゲットにする方が結果的に来客数が増えるのです。

くっ…それはある…。

「限定」という付加価値には女性のほうが弱い(飛びついてくる)という気もする…。

お得すぎて、逆に男の目を引き付ける結果になってるんですが…

思うに「レディースランチ」は2通りの場合がある。女性客を呼び込むためのサービス品の場合と、女性が好きそうなものを組み合わせた定食の場合。

面白いと思うのは後者の場合、注文を決められない女性のために料理を全部入りにしたガッツリ系定食の場合が多い事。

そういえば今日、本を売りに行った帰りに天下一品で昼を済ませたんだが、レディースランチというのがすげーちょうどいい量なのに、女性限定って・・・ いくら考えても女性限定にするメリットがわからないド低能です

迷走してる。迷走してる。

男でも注文してもいい店もあるにはあります

男ですけど、食べ物屋で、レディースメニューやレディースセットを要求すると、5割の確率で通りますね。

中央大学の教授によるコラム、 女性限定メニューは「結局は偏見に基づく一種の差別である」というものも話題になった。教授の実体験では、女性限定メニューを教授が注文すると、2軒に1軒の割合で「いくら粘っても」断られるのだそうだ。

1 2