1. まとめトップ

【涙腺崩壊】思わず泣ける・感動してしまう話Twitterつぶやき集

感動して涙が止まらない・・・思わず泣けてしまう話のTwitterつぶやきを集めました。

更新日: 2017年10月13日

torinaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 6328 view
お気に入り追加

泣ける・感動する名言

何で他人が俺の進む道を決めんねん。自分の道は、自分が決める。壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る。挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ。自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ
本田圭佑

泣ける・感動してしまう画像

泣ける・感動してしまう話つぶやき

旦那が入院して一人きりの淋しさを紛らすためにツイッターを始めた。そんな私を初めてフォローしてくれた人。とても優しかった。長い夫婦生活でもなかった優しい会話だった。やがて旦那が亡くなった。葬儀を済ませツイッターを見ると、DMが一通。「ありがとう。元気でな。お前」

3限の授業がおじいちゃん教授で「最近の若者は皆美しい顔をしてる」って言い出して何事かと思ったら戦時中は顔に大火傷した人が多かったかららしい。だから自分の顔をブスとか卑下するな、平和の時代に生きてる美しい顔だ。そういう顔をブスと罵るのは歴史を知らない教養のない奴だけだって。

ねーちゃんから、オス同士でつがいになったペンギンが自分たちの子供が欲しくて別のところから卵を持ってこようとしたりして皆から怒られてたから飼育員の人が育児放棄された卵をあげたら交代で温めてちゃんと卵を孵して雛に餌をあげて二匹で育ててるという話を聞いて涙腺崩壊した

無視されてもうざいと言われても
テレビのチャンネル変えられても
料理を出したら「嫌いだからいらない」って言われても
あなたの観たい番組を一緒に観ながら
あなたが残したおかずを食べて
黙って食事のあと片付けをして
辛いときには話を聞いてくれ
応援してくれる。
お母さんってそんな人

大宮にて。カップルの彼氏が切符落とすが気付かない→おばあちゃん拾う→必死に老いかけるおばあちゃん→「落としましたよ…」→彼氏「ああ。うす」→おばあちゃん去る→彼女ビンタバーーン!!! 「ちゃんとお礼も言えないの!!?」 朝からよいもの見た

ぼくの母ちゃんは、家に彼氏連れて来て「これ俺の彼氏だから、一生添い遂げるつもりだから孫とか見せられないけどごめんね」って謝った時に、「この歳になってお腹も傷めずにかっこいい息子が一人増えちゃって母さんすげー得しちゃったわ~」って言ってくれた母ちゃんだからなぁ 恵まれてるね

病院で亡くなった時に、医者が「ご臨終です」と言うが、死んだ人間はそれを聞いているらしい。人間が死ぬ時、聴覚が一番最後まで残っているんだとか。だから自分の親が死ぬときは、心拍停止音の後に「ありがとう」を先に言うべき。

日本の親は、「人に迷惑かけちゃダメですよ」と教えるが、インドでは、「お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」と教えるそう。前者は、息苦しさを、後者には、ホッとするものを感じる。迷惑かけずに生きられるわけない。

ディズニーランド?ディズニーシー?そりゃ誰と行ったってたのしーだろうよ。
箱根温泉?草津温泉?そりゃ誰と行ったってあったかいだろーよ。
でも、すぐそこのコンビニに一緒に行くだけで、こんなに楽しくて、こんなに暖かい気持ちになれる人は君だけなんだよ。

『今何してるの?』って質問も
『どこにいるの?』『誰といるの?』って聞くのも
束縛したいわけじゃないんだよ。

ただあなたが見てる景色や世界を
見てみたいだけ。そうすることで
少しでも近くに居たいとおもってしまうんです。

震災から2年。あなたは知っていましたか?バングラデシュの小さな村で、多くの人が1日たった200円の収入の中からその半分を日本のために寄付していたことを。"日本のために何かしたいけれど、私たちは貧しいから大きな力にはなれなくてごめんなさい"そう言ってくれる人たちがそこにいたことを。

妻が認知症と診断された。
「あなた、ごめんなさい。私、ボケてしまったのね」
縁側に並び、はらはら涙を流す妻の背を撫でる。
「そうか、ボケか。なら俺はツッコミだな。よし、死ぬまで夫婦漫才しよう。なあにミケくらいは笑ってくれるさ」な、と言うと、
庭からにゃあんと返事が一つ。

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき奥さんが「あのね、親戚とか友達とか自分の大事な人達がみんな集まってくれるのは人生で3回しかないんだよ。生まれたときと結婚式とお葬式。その中で記憶に残るのは結婚式だけでしょ?」って。なんか心に響いた。そんな朝でした。

「会社辞めたい」とつぶやくと、「大丈夫だよ」と返してくる男がいた。プロフィールには55歳。「会社辞めたい」と毎日つぶやいたけど、毎日「大丈夫」と返してくれた。ある日つぶやいた「死にたい」って言葉。翌日、何の前ぶれもなしに父が上京。数年ぶりに自分を抱きしめてこう言った「大丈夫だよ」

今 好きだよ って

十年後 君を愛してる って

二十年後 お前が一番だよ って

三十年後 アナタがいてくれてよかった って

四十年後 これからも一緒にね って

五十年後 たくさん、ありがとう って

六十年後 じゃあ、いこっか って

そういう夫婦になるのが夢。

アメリカ・サンフランシスコでの出来事。
ガンを患う5歳の少年の「バットマンになる」という夢の実現に市をあげて協力。警察、新聞社、メジャーリーグ球団なども協力し、線路に縛られた女性の解放、銀行強盗、誘拐などの事件をセッティング。行く先々は市民の声援で溢れた。

最近旦那が寝不足そうなので、寝付けないの?と聞いても「大丈夫」としか言わない。そこで原因を突き止めようと狸寝入りしてみた。しばるくすると旦那がそっと私の頭を撫でながら少し音痴な子守唄を歌ってくれていた。そう言えば彼が寝不足気味になったのは私が寝付けないと言った頃ぐらいだった。

泣ける・感動関連本

泣ける・感動する話リンク

1 2





はじめまして。ネットで生計を立てているゆうです。お得な情報を紹介します。